漢字読み講座

【今日の難読漢字】「綴る」「敏腕」「厳か」です!サッと読めればカッコいい大人!?

今日の難読漢字は

「綴る」

「敏腕」

「厳か」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「綴る」です!

昔は「綴る」事が多かったのですが、デジタルな世の中になり、最近ではあまり「綴る」事は無くなっています。

「日記を綴る」「手紙を綴る」「伝票や書類を綴る」など、今では全部デジタルですね。

「ブログを書く」「メールを送る」「PDFにしてフォルダに入れる」などに置き換わりました。

しかし、この記事も「綴る」という意味にふさわしい漢字なのです。

なんとなく意味はわかりましたか?

「綴る」読み方のヒントは?

つなぎあわせる、とじあわせる、言葉を繋げて文章を作るという意味があり、

バラバラの物をひとつにまとめるという事です。

子どものころ幼稚園でお母さんに手紙を書いたりしませんか?

ただ単にメモではなく、心のこもった手紙というイメージです。

また、服のほころびを針と糸で刺繍や柄にしてしまうのも「綴る」といいます。

余裕のある暮らしができると、綴ることも愛おしくなりますね。

ひらがなにすると「〇〇る」です!

さあ、もうわかりましたか?

「綴る」の読み方の正解は?

正解は、「つづる」です!

毎日をもっと丁寧に綴って行きたい物です。

ぜひ、覚えておきましょう。

次の難読漢字は「敏腕」です!

「敏腕」という漢字、テレビが好きな人はよく見ているのではないでしょうか?

敏腕プロデューサー」「敏腕弁護士」「敏腕刑事」など、タイトルやキャッチフレーズとしてもよく使われています。

さて、「敏腕」と書いてなんと読むでしょうか?

「敏腕」読み方のヒントは?

「敏腕」は、事務の処理・交渉などを素早く正確に行う能力があるという意味です。

頭の回転が速く、処理能力も高い人の事を「敏腕」といいます。

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です!

鉄腕じゃありません、敏感の「敏」に鉄腕の「腕」です!

さあ、もうわかりましたか?

「敏腕」の読み方、正解は・・・

正解は、「びんわん」です!

 

身近に敏腕な人、居ませんか?

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「厳か」です!

「厳か」と書いて、なんと読むかわかりますか?

厳しいの「厳」という漢字なので、なんとなくピリピリした空気を感じてしまうイメージですが、そのイメージで合っています!

神聖な空気の中、卒業式や結婚式が行われますが、その空気感を「厳か」といいます。

さて、「厳か」と書いてなんと読むでしょうか?

「厳か」読み方のヒントは?

さきほど空気感と言いましたが、本当は空気感というふわふわした言葉ではなく、

神聖な物に対して「厳か」と使います。

重圧感のある、なかなか見られないような素晴らしい景色に対しても「厳かな景色」といいます。

時間の重みを感じる、苔むした場所や神社、寺、パワースポットなども厳かだからこそ価値があるといわれています。

騒いだり汚したりしてはいけない雰囲気です。

ひらがなにすると「〇〇〇か」です!

さあ、もうわかりましたか?

「厳か」の読み方、正解は・・・

正解は、「おごそかです!

 

厳かな雰囲気の場所に行けば、なんだかピリリと身が引き締まるようです。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA