漢字読み講座

「団栗」ってなんて読む?「だんくり」と読んでしまったあなたは・・・

「団栗」

団と栗、どちらも馴染み深い漢字です。よく使う読み方だと「だんくり」ですが、正しくは別の読み方です。

形が似ていることで当て字になった団栗、さてなんと読むでしょう?

「団栗」読み方のヒントは?

ヒントは、子供の頃に公園で拾ったことがある人も多いあるものの名前です。

リスの好物のかわいらしい形の実で、この実がタイトルに入っている童謡では池にはまってしまい大変になっていました。

この実の名前を使った「団栗のせいくらべ」「団栗眼」という言葉もあります。

もうわかりましたね?

「団栗」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「どんぐり」

です!

「団栗」という漢字の形がどんぐりの実に似ていたことから当て字で使われるようになりました。

実はどんぐりと読む漢字は他にもなどがあります。一般的ではありませんが、知っているとかっこいいですよね。

また珍しい名字ですが「団栗さん」とかいて「だんぐりさん」と読むこともあります。「どんぐりさん」と読む場合もあるので出会ったら聞いてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA