漢字読み講座

【極まった光ってなんのこと?】「極光」、あなたは何と読むか分かりますか?

「極光」と聞くと、イメージとしては強烈な光を出す何かという感じで、ずばりそのまま灯台とか太陽フレアなどを連想してしまいますね。

 

漢字としてもシンプルなことから、かえって難問でもありますが、光に関係することは間違いないようです。

さあ、この極まった光、いったい何の光!?

 

「極光」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これは自然現象の名称です。

ヒント➁ 寒い地方・国での神秘的な現象です。

ヒント③ カタカナで「〇ー〇〇」です。

 

「極光」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「オーロラ」です!

 

突然ですが、皆さんはオーロラを自分の目で見たことがありますか?

 

日本では北海道の一部でも見られるようですが、基本的には北極か南極の「極」に近い場所でしかお目にかかることができない、大気の自然現象です。

 

その時の気候や風なども影響するため、「オーロラ」を見ることができるポイントに行ったとしても発生するかは時の運・・・。

よくテレビ番組などでもその現象をカメラにおさめるため、テレビクルー達が何日もトライしていたりして、その苦労が伺えます。

 

その神秘さゆえに、古来から女神の名前にもなっているくらいの奇跡の現象「オーロラ」。一生のうちに一度でいいから自分の目で見たいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA