漢字読み講座

【そのまま読めば「さくめん」ですが、「さくめん」とは読みません!】「索麺」、あなたは読めますか?

一般的には平仮名で表記されるこの食べ物。

 

漢字で書くとしても、有力なものが他に一つあるので、「索麺」はさらに難しいものとなっています。

 

音読みすれば「さくめん」ですが、発音上のニュアンスは近いものがありますが、まずこれだけでは正解はできないと思いますので、ヒントも参考にしてみてください。

 

さあ、あなたはこの「索麺」、読めますか?

 

「索麺」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「うどん」をもっと細くした麺です。

ヒント➁ 素麺とも書きます。

ヒント③ 夏に氷を入れるなど、冷やして食べると絶品です。

 

「索麺」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そうめん」です!

 

「そうめん」は皆さんご存じ、小麦粉を原料とした麺で、まさに「うどんを細くしたもの」です。

 

基本的には、「うどん」や「ひやむぎ」とは細さの定義が違い、日本農林規格によると、「そうめん」は直径1.3mm未満という決まりがあるそうです。

 

こ、細かい・・・www

 

ちなみに、よく間違えられる「ひやむぎ」は、1.3mm以上1.7mm未満、「うどん」は1.7mm以上だそうです。

 

ただ細さが違うだけなのに、それだけで食感はもちろん、味そのものも違うと感じてしまうのが不思議でなりません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA