漢字読み講座

「牙城」「蛙声」「鉄桶」難読漢字3選!さて何と読むでしょう?

今回は、「牙城」「蛙声」「鉄桶」の3問です。

よく見る漢字の組み合わせだけど、意外に難しい!?

さて、何と読むでしょうか?

1問目は個の漢字から!「牙城」

「牙城」は何と読むのかわかりますか?

ちょっと読みにくい漢字ですね。

城という字が入るので、日本史に関係がある?

ちなみに「きばじょう」ではありません。

「牙城」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の字数は「〇〇〇〇」の4文字
  2. 「牙城」の「牙」は「毒牙」の「牙」と同じ読み方
  3. 城の中で主将のいる場所が「牙城」

以上の3つのヒントから考えてくださいね。

「牙城」の読み方!正解は!?

正解は「がじょう」です!

「牙城(がじょう)」は普段あまり耳にしませんが、「毒牙(どくが)」はよく聞く言葉なので、ヒントでピンと来た人も多いのではないでしょうか?

主将のいる場所を牙城ということから、勢力や組織の中心を牙城と呼ぶ場合もあります。

使い方としては「牙城を崩す」「保守の牙城」「牙城に迫る」などが一般的でしょう。

同様に「牙」を「が」と読ませる熟語には、「歯牙(しが)」「牙音(がおん)」「牙虫(がむし)」「牙行(がこう)」などがあります。

いずれも読みにくい…

ちなみに「象牙」は、「ぞうが」ではなく「ぞうげ」です。

「げ」と「が」の違い、混乱しないように注意が必要ですね。

2問目は個の漢字「蛙声」

「蛙声」は何と読むかご存知でしょうか?

「蛙」は「かえる」や「かわず」と読めるので「かえるごえ」か「かわずごえ」?

ではありませんよ…

さて、何と読むのでしょうか?

「蛙声」の読み方のヒントはこちら

  • 意味は読んだそのまま、かえるの鳴き声のことです
  • 読み方の字数は、3文字で「〇せい」になります
  • 「蛙声」の「蛙」は「蛙水」「玄蛙」と、同じ読み方です

以上3つのヒントから考えてください。

「蛙声」の読み方がわかりましたか…?

「蛙声」の読み方!正解は!?

正解は「あせい」です!

この言葉を聞いたことのない方には、ちょっと想像がつかなかったかもしれません

蛙声には「かえるの声」以外に「みだらな音楽」という意味もあるようです。

ちなみに、ヒントに出した「蛙水(あすい)」と「玄蛙(げんあ)」は、いずれも江戸時代後期の俳人の名前です。

かえるの句といえば、松尾芭蕉の「古池やかわず飛びこむ水の音」が有名ですね。

静まり返った空気の中で、かえるが池に飛び込んだ音だけが聞こえてきた…

この句の情景を思うと、心まで静まり返る気持ちがします。

蛙声から話が脱線してしまいましたが、漢字から思いをはせるのも、時には楽しいです。

最後はこの漢字「鉄桶」

「鉄桶」の読み方をご存知でしょうか?

「てつおけ」?いえいえ、違います。

しかし「鉄桶」という文字からは「超マッチョな人がトレーニング用に使う鉄のおけ」しか思い浮かびませんよね!?(そんな物があるならですが)

「鉄桶」と書いて、一体何と読むのでしょうか…

「鉄桶」の読み方のヒントはこちら

  1. 鉄桶の読み方は「てっ〇〇」の4文字
  2. 意味は、「鉄でできたおけ」「堅固で隙の無いさま」のこと
  3. 「鉄桶」の「桶」は「湯桶」の「桶」と、同じ読み方

以上の3つのヒントから考えてくださいね。

さて、何と読むのでしょうか。

「鉄桶」の読み方!正解は!?

正解は「てっとう」です。

これはかなり難しかったかも知れません。

「てっとう」という言葉の響きからは「鉄塔(てっとう)」を連想するのが一般的でしょう。

ヒントで紹介した「湯桶(ゆとう)」とは、そば屋などでそば湯を出す時に使用する、注ぎ口のついた器のことです。

「鉄桶」という言葉を用いたことわざ「鉄桶水を漏らさず」とは、「人の団結や守備が堅固で、全くつけいる隙がない」という意味になります。

つい「てつおけ」と読んでしまいそうなので、要注意ですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA