漢字読み講座

【今日の難読漢字】「嫌悪」「静粛」「逆鱗」この3つの漢字は読みますか?空気が読めれば簡単かも?

今日の難読漢字は

「嫌悪」

「静粛」

「逆鱗」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「嫌悪」!

嫌な悪と書いて「嫌悪」。

字面だけでも、かなりマイナスのイメージが付きまといます。

嫌なのか、悪いのかどっちなのか? それとも両方?

さて、嫌悪と書いてなんと読むか分かりますか?

「嫌悪」の読み方のヒントはコレ!

よく使われているのは

嫌悪感

です。

人や物に対して感じる強い不快感という意味合いです。

使った事がありませんか?

嫌悪をひらがなにすると「〇〇〇」です。

もうわかりましたか?

「嫌悪」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「けんお」です!

 

「嫌悪感」もよく使いますが、

ほかにも「自己嫌悪」もよく使うのではないでしょうか?

メンタルが弱っている時には、よく自己嫌悪に陥ってしまいますよね。

自己嫌悪に陥っても何も結果はでないので、楽観的に考えるようにしましょう。

次の難読漢字は「静粛」!

よく耳にする言葉ですが、漢字で見ることはあまりないかもしれません。

静かにしないといけない場所で、身勝手に思うままに行動したり発言していたりすると

静粛に!

と注意されるかも。

仕事中や図書館などでは、静粛にするのが当たり前になっています。

さて、なんと読むか分かりますか?

「静粛」の読み方のヒントはコレ!

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇」です。

静かにしないといけないのは、わかっていてもつい熱が入ってしまう

政治討論などでは静粛にするのは無理なのかも。

さあ、もうわかりましたか?

「静粛」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「せいしゅく」です!

 

「皆さん!静粛にお願い致します!」

という言葉を聞いたことがありませんか?

 

言われたことが無い! と言う人は、元から大人しい人なのかも。

できるだけ静粛な時間を過ごしたいですね。

最後の難読漢字は「逆鱗」!

逆の鱗と書いて「逆鱗」。

意味は、とても人に嫌がられることです。

さて、なんと読むか分かりますか?

「逆鱗」の読み方のヒントはコレ!

まずはじめに、逆鱗の言葉の意味を説明しますね。

逆鱗とは伝説の生き物である龍の81枚の鱗のうち、

一枚だけ逆さに生えている鱗の事です。

この逆さに生えている鱗を触ると、

龍が怒って触った人を殺してしまうことから、

逆鱗という言葉になりました。

目上の人の逆鱗に触れると、ものすごく怒られますよね。

部下だから逆鱗に触れてもいいという訳ではないですが、

他人の触れられたくない事には、あまり触れない方がいいでしょう。

さあ、読み方はわかりましたか?

「逆鱗」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「げきりん」です!

 

空気を読んで、人の逆鱗に触れないようにしたいものですね。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA