漢字読み講座

【今日の難読漢字】「明く」「空く」「開く」この3つの漢字は読めますか? すべて同じ読み方ができます!

今日の難読漢字は

「明く」

「空く」

「開く」

の3つです。

 

この3つの漢字は、全部同じ読み方をすることができます。

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「明く」!

明くと書いて、(あかるく)ではありません。

あかるくを漢字にすると、明るくです。

「明」という字は、色々な読み方があるため、読めそうで読めない文字も出てくるかも!?

さて、「明く」と書いてなんと読むでしょう?

「明く」読み方のヒントはコレ!

みょうくでもありません。

あかるくでもありません。

あかくでもありません。

それ以外の読み方を知っていますか?

ひらがなにすると「〇く」です。

さあ、もうわかりましたか?

「明く」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「あく」です!

 

「明く」は、年が明ける、喪が明ける、明くる年、明くる日など、時間や年月に対して使います。

ぜひ、覚えておきましょう。

次の難読漢字は「空く」!

おなかが空くの、(すく)とも読みますが、答えは(すく)ではありません。

それ以外に読み方があります。

思い出せますか?

「空く」の読み方のヒントはコレ!

ドライブしている時によく使う言葉です。

道に対しても、駐車場に対しても、座席に対しても使います。

ひらがなにすると「〇く」です。

さあ、もうわかりましたか?

「空く」の読み方、正解は・・・

正解は、「あく」です!

 

道が空く、駐車場が空く、座席が空くなど、

今までは何ががあったけど、無くなった状態の事を指す時に使います。

手が空く、体が空く、隙間が空くなど口にする事は多いですね。

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「開く」!

最後の難読漢字も、同じ読み方です。

「開く」は(ひらく)と読んでしまいがちですが、

もちろん(ひらく)ではありません。

他にも「開」は、開店(かいてん)、全開(ぜんかい)など、(かい)とも読みます。

「開く」の読み方のヒントはコレ!

鍵を開ける、扉を開ける、玄関を開ける。

など、今まで閉まっていたものを開けた時に

扉が開く

などと使います。

さあ、もうわかりましたか?

「開く」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「あく」です!

お店を開けるなどもそうですね。

お客さんから言えば「お店が開く」と言います。

 

同じ(あく)と読むものでも、

明く」は時間を伴う年月に使い、

空く」はそれまで何かがあったものが無くなった時に使い、

開く」は今まで閉まっていたものが、開けられた時に使います。

漢字で書く時には注意しましょう。

ぜひ、覚えておいてくださいね。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA