漢字読み講座

【「魚へん」シリーズ!「魚が成る」と何になる??】「鯎」、あなたは読めますか?

「魚へん」に何かの漢字がつく「魚へん」シリーズも、難読漢字ではすっかりお馴染みになりました。

 

今回は「成る」や「成功」の言葉でもお馴染み、日常的に使う「成」です。

 

でも、「魚が成る」と一体何になるんでしょうか?

 

「成功する」と考えると出世魚のような気がしてきますが、この「鯎」、あなたは読めますか??

 

「鯎」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント➁ 30cm前後の淡水魚で、きれいな川にいます。

ヒント③ 一般的には「ハヤ」と呼ばれます。

 

「鯎」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「うぐい」です!

 

「鯎」は、体長30cm前後の淡水魚で、オイカワやカワムツなどと一括りにして「ハヤ」と呼ばれている魚です。

 

他の地域では、アイソ、アカハラ、クキ、タロ・・・などなど、他にもその地域ごとに名づけられた名称があるユニークな魚でもあります。

 

「鯎」という1文字の漢字の他にも「石斑魚」とも表記されることもあり、こちらも難読漢字としても有名ですね!

 

きれいな水を好む「鯎」、いつまでもこの魚が住める環境を保っていきたいものですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA