漢字読み講座

【今日の難読漢字】「弁える」「栗鼠」「浣熊」「預め」「客員」ってなんて読む?

今日の難解漢字は、

「弁える」

「栗鼠」

「浣熊」

「預め」

「客員」

です!

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「弁える」です!

「弁える」

「弁論」「弁当」「大阪弁」など普段は「べん」と読むことが多い漢字ですが、この場合は一体なんと読むのでしょう。

実は日常的によく聞くあの言葉です。

「弁える」読み方のヒントは?

ヒントは、物事の違いを見分けたり道理を理解し、それにふさわしい態度をする様子に使われます。

類語は

「分別がある」

「節度を保つ」

などが挙げられます。

「弁える」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「わきまえる」

です!

「若いのに礼儀を弁えていて素晴らしい」

「もっとTPOを弁えなさい」

のように使います。

実はもともと「弁」の漢字には「わきまえる」という意味はありませんでした。しかし「わきまえる」という意味の旧漢字「辨」が常用漢字にはないため、代用漢字として「弁」が使われました。

もともと「辨」だった言葉では「弁別」「弁明」「勘弁」などがあります。ちなみに「大阪弁」などの「弁」の旧漢字は「辯」で「のべる・話す」という意味です。

別の漢字が今では「弁」という同じ漢字になっていると思うと興味深いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

2つ目の漢字は「栗鼠」です!

カタカナで表記することが多く、漢字になると読めないことが多い動物の漢字。

「栗鼠」

も、そんな漢字のひとつ。

動物園にもいる、小さくてかわいいあの動物ですよ!

「栗鼠」読み方のヒントは?

ヒントは、体形がネズミに似た哺乳類で、尾が長くふさふさの毛に覆われています。
森林に多く生息していて、木の上の移動が得意です。
栗やくるみなどの固い木の実でも、鋭い歯でカリカリっと食べちゃいます。

1つ1つの漢字をわけて、考えてみるとわかりやすいかもしれません。
「栗(くり)」を食べる「鼠(ねずみ)」と言えば…

もうわかりましたね?

「栗鼠」の読み方、正解は…

正解は……

 

「りす」

です!

漢語の「栗鼠(りっす)」の音変化で、「りす」と読みます。
また「くりねずみ」と読んでも間違いではなく、「くりねずみ」は「りす」の異名です。

また木登りが得意なので「きねずみ」と呼ばれることもあるのだとか。

リスを見かけた時には、漢字では「栗鼠」と書くというのを思い出してみてくださいね。

3つ目の漢字は「浣熊」です!

「熊」という字が入っているので、何かの動物の名前であることは想像できます。

「浣」の字は、どうしても「浣腸」が浮かんでしまいますが・・・

さあ、何と読むのでしょう?

 

 「浣熊」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① レッサーパンダに似た、小型の動物の名前です。

ヒント➁ 「熊」というよりタヌキに近い動物です。

 

「浣熊」の読み方の正解は・・・・?

 

正解は、「アライグマ」です!

 

「浣」の一文字で「洗う」と読むの?と疑問に思ってしまいますよね!

でも、「浣腸」という言葉があるとおり、お腹をきれいにするという意味がありますので「浣」は訓読みで「あらう」とも読みます。

アライグマは、タヌキと非常によく似ている動物ですが、タヌキとの違いは「長いふさふさとした、黒い横シマの尻尾」です。

手を洗うしぐさが可愛いアライグマ、漢字の表記は「浣熊」ではなく、イメージ通り「手洗熊」の方が良かったのに・・・と思うのは私だけでしょうか。

4つ目の漢字は「預め」です!

漢字クイズを出題させていただきます。

突然ですが、あなたは「預め」という漢字、読むことができますか?

「預金」の「預」という漢字が使われていますが、「よめ」と読んでしまってはいけません。

読めた方はかなりの漢字マスターかも。

読めなかった方はこの機会に新しい読みを知っていきませんか?

「預め」の読み方のヒントは?

そもそも「預」という漢字には「前もって」という意味があります。

そして同じような意味を表す漢字に「予定」の「予」というものがあります。

「預」と「予」、漢字の一部も同じですね。

そして大ヒントです。

「預め」は「予め」とも書きます。

お分かりになったでしょうか?

正解は…

正解は…

あらかじめ

でした!

「予」だけでなく「預」で表すこともあること、覚えていただけましたでしょうか?

漢字をすらすら読むためには「預め」勉強しておかなければなりません。

ひとつひとつ、楽しみながら着実に学んでいきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

5つ目の漢字は「客員」です!

「客員」を何と読むかご存知でしょうか?

「きゃくいん」と読んでいる方が多いかも知れませんね。

「きゃくいん」と読むのは慣用読みで、間違えて読む人が多いため許容された読み方です。

それでは、正しい読み方は?

「客員」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 組織や団体で、正規の成員ではなく客分として迎えられた人のこと
  3. 「客員教授」「客員研究員」などと使われます

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「客員」の読み方!正解は!?

正解は「かくいん」です!

普段何気なく読んでいる漢字の中には、間違えて読んでいる漢字がたくさんあります。

「客員」もその1つですね。

冒頭でも述べましたが「きゃくいん」と読むのは慣用読みで、正しくは「かくいん」と読みます。

「客」を「かく」と読む熟語としては、他に「刺客(しかく)」などがあります。

これも「しきゃく」と間違えて読んでいる人がいるかも知れませんね。

間違えていた人は、この機会に「客員(かくいん)」「刺客(しかく)」と、覚えておきましょう。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA