漢字読み講座

「朴訥」「熾烈」「磊落」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「朴訥」「熾烈」「磊落」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「朴訥」

「朴訥」の読み方をご存じでしょうか?

「朴柄」と書いて「もくへい」と読みますが、よく見ると「訥」の字が違いますね。

あまり見かけない漢字ですが、言葉自体は聞いたことがあると思いますよ。

さて、あなたには読むことができますか?

「朴訥」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字。
  2. 無口で実直な人のこと。
  3. 「飾り気のない朴訥な方ですね」などと使います。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「朴訥」の読み方!正解は!?

正解は「ぼくとつ」です!

余計なことを言わない、真面目で飾り気のない人。

そんな人のことを「朴訥(ぼくとつ)」と表現し「寡黙で純粋、実直、素直」といった誉め言葉の意味を持ちます。

しかし最近では「コミュニケーション下手」「ダサい」といったマイナスのイメージでとらえられる場合もあるようですね。

時代の移り変わりとともに「雄弁で自分を表現するのがうまい人」を尊ぶ風潮に変わっていったのかも知れません。

2問目はこの漢字!「熾烈」

「熾烈」の読み方をご存じでしょうか?

もちろん「しょくれつ」と読むのは間違いです。

一見それほど難しい漢字ではありませんが、知らなかったら読みにくい漢字ですね。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「熾烈」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 勢いが非常に激しい様子。
  3. 「その戦いは熾烈を極めた」のように使います。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「熾烈」の読み方!正解は!?

正解は「しれつ」です。

「熾」には「火の勢いが激しい」「赤く燃えている炭火」といった意味があり、「烈」も「勢いが激しい」という意味。

激しさを表す言葉が2つ重なることで、非常に激しいことを表す言葉だとわかります。

下は、使い方の例です。

  • 彼らは熾烈な争いをくぐりぬけてきた
  • 討論会では毎回熾烈な議論が繰り広げられる
  • 動物たちの生死をかけた戦いは、熾烈極まる

火が燃えるように激しい戦いであることが伝わってきますね。

最後はこの漢字!「磊落」

「磊落」の読み方をご存じでしょうか?

石という字が使われていますが「せきらく」と読むのは間違いですよ。

とはいえ、何のことなのかさっぱりわからないという方も多いのでは。

さて、あなたには読むことができますか?

「磊落」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 小さなことにこだわらない心の広い人
  3. 豪放磊落

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「磊落」の読み方!正解は!?

正解は「らいらく」です!

「磊」という字は3つの石が重なっていることから「石がごろごろしている様子」を表します。

さらに「落」という字と合わさることで「石がごろごろ落ちていても気にしない」→「小さなことにこだわらない」という意味になるのですね。

ヒントで紹介した「豪放磊落(ごうほうらいらく)」という四文字熟語も「度量が広くて小さなことにこだわらない」という意味。

「豪放」も「磊落」も同じ意味を持つので、心の広さをさらに強調して表現した言葉になります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA