漢字読み講座

「熟鮨」ってなんて読む?熟れた鮨ってどんな鮨?

「熟鮨」って何て読むか分かりますか?

(うれずし)ではありません。

(じゅくずし)でもありません。

 

「熟れる」(うれる)以外にも読み方があります。

 

これを知っていれば簡単です!

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「熟鮨」の読み方のヒントは?

 

「鮨」の歴史の中で、最も古いと言われています。

「鮨」=「寿司」です。

 

日本3大「熟鮨」は

津軽の「ハタハタ寿司」

近江の「鮒寿司」

紀州の「鯖寿司」

と言われています。

 

食べたことのある人はわかったのではありませんか?

 

さて、何と読むのでしょうか?

 

「熟鮨」の読み方、正解は……

正解は……

 

「なれずし」

 

です!

 

「熟鮓」とも書きます。

 

「熟れる」(なれる)とは、食物がほどよく発酵して、おいしくなることです。

 

「熟鮨」は普通の鮨とは違って、魚と塩と米飯を長期間漬け込んで発酵させたものを言います。

 

もともとは、「熟鮨」が寿司の原型で、「鮨」が「熟れる」まで待てない人が、てっとり早く寿司を食べるために、米飯に酢をふりかけて、魚を乗せて食べたことが握り寿司になったと言われています。

 

せっかちな人のおかげで、今ではおいしい寿司が食べられるようになったのですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA