漢字読み講座

「然り」「送球」「企む」これら3つの難読漢字が読めたら漢字マスター!

今回の難読漢字は「然り」「送球」「企む」です。

読めそうでなかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読むことができますますか?

1問目はこの漢字から!「然り」

「然り」

「全然(ぜんぜん)」「天然(てんねん)」などのように使われるこの漢字。
「ぜん」と読む場合が多いですが、訓読みの読み方を知っていますか?

「然り」読み方のヒントは?

ヒントは、「そうである」や「そのとおりである」を表す漢字です。

類語には
「如何にも」
「おっしゃる通り」などが挙げられます。

「然り」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「しかり」

です!

「大抵の飼い主はペットのことを愛しているが、逆もまた然りである。」
「twitter然り、現代のSNSブームは止まらないのである。」
などのように使います。

「然り」は、副詞「しか」とラ変動詞「あり」の「しかあり」が音変化してできた言葉です。

日常生活では、「然(しか)るべき時に…」という言葉の方がよく聞くかもしれません。
「然るべき」は、適当な・ふさわしいという意味を持っているので、
「然るべき時に…」であれば、「ふさわしい時に…」という意味で使われます。

会話の中で「そうだよ~」と答えるところを、「然り」なんて答えられたらちょっとかっこいいですよね!

2問目はこの漢字!「送球」

これは少し難しい問題です!

 

漢字としては、「送る球」なので簡単なんですが、だいたいどの「球」も送ったり投げられたりするものなので、イメージが難しいところです。

 

「〇〇球」というからには、競技の名前かな?と予想できますが、どうでしょうか。

当て字のため、難問ですがヒントを見ながら考えてみましょう!

 

「送球」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これはスポーツ競技の名前です。

ヒント② バスケットボールとサッカーを掛け合わせたようなイメージです。

ヒント③ 3歩動いてジャンプ、そして空中でシュート!

 

「送球」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ハンドボール」です!

 

ハンドボールは、7人1組のチーム同士が対戦するスポーツ競技です。

 

ヒントにもあったように、移動時はバスケットボールに近く、ゴール付近の動きはサッカーに近い感じです。

ちなみにシュートは手で投げますが、キーパー側はサッカーと同じで手も足も使って体全身で防ぎます。

 

バスケットボールと同様に、「走る・投げる・跳ぶ」の3要素が揃っていて、観ていてすごく迫力があって楽しいですよ。

あのスピード感ある攻防と華麗なシュートが魅力です!

最後はこの漢字!「企む」

「企む」と書いて、なんと読むか分かりますか?

そもそも、企業の(き)以外に使う事はあまりないかも知れません。

でも誰でも使ったことがある言葉だと思います。

子どものころは、何度も企むことがあったのではないでしょうか?

大人になると、回数は少なくなるものの

企むことの意味合いがかなり重くなってきます。

さて、「企む」と書いてなんと読むでしょう?

「企む」読み方のヒントは?

企業の「企」は企てる(くわだてる)と読みます。

事業を企てるという意味合いです。

しかし「企む」は(くわだむ)とは読みません。

もっとなじみのある言葉です。

「企む」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇む」です。

悪いことを企む。なんて使いませんしたか?

自分でしている時は意識してなくとも、人が企んでいるのに気が付いたことがあるでしょう。

さあ、なんと読むか分かりますか?

「企む」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「たくらむ」

です!

 

ちなみに悪いことを企む、悪だくみは悪巧みと書きます。

企みは子どもの浅はかなもので、悪巧みはもっと大人のダークな計画です。

覚えておきましょう!

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA