漢字読み講座

「核」この漢字、「かく」以外に何と読みますか?

「核」は核心、中核の「かく」ですね。

では、他の読み方を知っていますか?

正解は同じ2文字ですよ、早速ヒントを見てみましょう!

「核」の読み方のヒントは?

1.物事の中心が「核(かく)」、特定の何かの中心が「核(?)」

2.佐賀県の専称寺には「核割れ梅」という有名な伝承があります。

3.『その実は核のあるところに美しい赤児を一人ずつ、』芥川龍之介「桃太郎」より引用

正解は…

お待たせしました、正解は…

「さね」でした!

果実の種を包む「核果」の部分を「さね」といいます。果実の中心にあるんですね!

ちなみに、古語では種のことを「真根」と書いて「さね」と読んでいたそうです。

「仁」「実」と書いても正解です!

「核」の成り立ち

「核」は会意兼形声文字です。

左側が大地を覆う「木」、右側がイノシシを象徴しています。

この場合のイノシシは「かたい」という意味で使われています。

身近な「核(さね)」は?

梅干しの「核」は昔から天神様(菅原道真公)が宿っているといわれています。

杏仁豆腐の原料となる杏仁粉は、杏の種の「核」をすりつぶしたものです。

どちらも微量の青酸物アミグダリンが含まれているため、あまり大量に食べると中毒の恐れがあるそうです。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA