漢字読み講座

【2文字目の「柑」は、やっぱり「蜜柑(みかん)」の「柑」?】「椪柑」、あなたは読めますか?

「椪柑」の漢字は読めないけれど、明らかに2文字目は「柑橘系」や「蜜柑」の「柑」という漢字ですよね?

 

ということは、柑橘系の果物で「〇〇カン」と読めそうです。

 

こんなにストレートに予想が当たるかは分かりませんが、ヒントも見ながら確信に変えていきましょう!

 

「椪柑」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 予想通り、「〇〇カン」と読みます。

ヒント➁ 最初の2文字を使ったジュースも有名です。

ヒント③ 見た目は蜜柑の大きいやつです!

 

「椪柑」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ポンカン」です!

 

今回はそのまま予想が的中しましたね!

 

この「椪柑」の「ポン」は、原産地であるインドの「プーナ」のスペルが「Poona」であり、「ポン」と読めることから、「プーナで採れる蜜柑→ポンカン」と名づけられたそうです。

 

現在では、日本の各地でも栽培され、特に南の九州などの地域でたくさんの品種が栽培されるようになりました。

 

味は、蜜柑よりも大味という点は否めませんが、「椪柑」はカリウムや葉酸を多く含んでいる特徴があり、さらに果実を包む皮の部分には動脈硬化を防ぐ働きのあるビタミンPを含むなど、貴重な果物の一つでもあります。

 

今度、八百屋さんで見かけたら、ぜひご賞味あれ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA