漢字読み講座

「吟味」ってなんて読む? 口を閉じて歌うのが「吟」です!

吟味」と書いて、なんと読むか分かりますか?

「口」に「今」、それから「味」という簡単な漢字からできている「吟味」。

スーパーではより新鮮な物を買おうと吟味したりと、普段の生活にもよく使われています。

他にも、何かにはまりだすと吟味が長くなりますね。

さて、「吟味」と書いてなんと読むでしょうか?

「吟味」読み方のヒントは?

「吟」という漢字は、口の中で声を長く引く、ため息をつく、うめく、口遊む(くちずさむ)という意味です。

「詩吟」は和歌や漢詩を独特の節回しで歌う事です。

しかし、「吟味」となれば、物事を念入りに調べること、または念入りに調べて選ぶことになります。

誰でも何かを選ぶ時には、一生懸命に吟味して選ぶのではないでしょうか?

小さな買い物、大きな買い物、友達や人生のパートナーなどなど。

今回はちょっと簡単すぎたかもしれませんね。

「吟味」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「吟味」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ぎんみ」

です!

 

吟味した食材を使った料理は、やっぱり美味しいですよね。

美味しいものから幸せを感じたりします。

高いものが美味しいとは限りませんので、ぜひ吟味して選んでみてください。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA