漢字読み講座

「梯」「挙る」「陽炎」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「梯」「挙る」「陽炎」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「梯」

「梯」

この漢字は、主に「子」と組み合わせ、「梯子(ハシゴ)」と読む場合がほとんどです。

ですが、それ以外にも、「ハシゴ」よりもちょっとスマートでカッコイイ読み方があるので、一緒に考えてみましょう!

「梯」読み方のヒントは?

「梯」は、川や谷などを渡るために使われるものを表します。
通常通るには難しい場所を通過するためのもの……という意味合いが強いようですね。

そのほか、「仲介者」的な意味合いで使われることもしばしば。

A町とB市が和解するための〇〇〇〇となる」のような言い方をします。

「梯」の読み方、正解は……

「梯」の正解は……

「かけはし」です!

架け橋、掛け橋などと表現することもありますが、「梯」と漢字一字で表現することもあるのですね。

ドラマや時代劇なんかで、

頼む!俺とあいつの梯になってくれ!」と頼んだり、
両国和解の梯となろう!」と立ち上がったり……

そんなシーンを見かけることもありますよね。

また、日本には「梯」を名字に持つ方がおよそ2,500人いらっしゃるそうです。
なんだかとても縁起が良さそうな、素敵な名字です!

2問目はこの漢字!「挙る」

「挙る」

「挙手(きょしゅ)」という言葉のイメージから「あげる」と読んだ人が多いのではないでしょうか。

でも「挙げる」の送り仮名は「げる」ですよね。では何と読むのでしょう。

「挙る」読み方のヒントは?

「挙る」は残らず集める、すべてを揃えるという意味です。

類語は

「一切合切」

「全部」

「何もかも」

などが挙げられます。

「挙る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「こぞる」

です!

「町中の人が挙ってその花を見に来ている」

「この事件は新聞各社が挙って報道した」

のように使います。

「もろびとこぞりて」というクリスマスソングを聞いたことがあると思いますが、この「こぞりて」を漢字で書くと「挙りて」です。

「もろびと」は「諸人」なので、多くの人々が残らず集まっている様子を表しています。

のちに言葉が変化して「挙って(こぞって)」という言い回しも使われるようになりました。今ではこちらの言い方の方がよく耳にしますね。

クリスマスの時期になったらこの漢字を思い出してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

最後はこの漢字!「陽炎」

太陽の「陽」に「炎」と書いて「陽炎」。

太陽の光に関係するものという事はイメージできるものの、

陽炎の読み方は知っていますか?

「陽炎」読み方のヒントは?

陽炎は夏の暑い日に、アスファルトなどから立ち上がるものです。

アスファルトがまるで燃えているように見えることから、

「陽炎」を見てしまうと気分的にも暑さがより一層強まってしまいます。

ですが、なんとなく儚い物というイメージです。

「陽炎」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

よく似た現象に「蜃気楼」があります。

もうわかりましたか?

「陽炎」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「かげろう」

です!

 

太陽の照り返しで炎のような揺らめきを見せる陽炎。

誰でも暑くて倒れそう……という時に、アスファルトから出ている陽炎を見て、

本当にうんざりしてしまった。という経験があるのではないでしょうか?

あのかげろうは、陽炎と書きます。

見ようと思ってもすぐ見れるものではない、儚い物ですよね!

ちなみにすぐに死んでしまう昆虫のカゲロウの名前も、同じように儚い物という事からこの名前が付いています。

 

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA