漢字読み講座

「野口啄木鳥」・・・鳥に詳しい人なら読めるかも?絶滅危惧種に指定されている鳥です!

「百舌鳥」と書いて「もず」。

「山翡翠」と書いて「やまぜみ」。

鳥の名前って、難読漢字が多いですよね。

それでは「野口啄木鳥」は読めますか?

絶滅危惧種に指定されている鳥なんですよ。

何と読むのか?

さっそく見ていきましょう!

「野口啄木鳥」の読み方のヒントは・・・?

それではヒントです!

ずばり読み方は、ひらがなで「のぐち〇〇」の5文字です。

つまり、「野口啄木鳥」の漢字5文字のうち「野口」はそのまま「のぐち」という読み方で正解なのです。

問題は、「啄木鳥」の3文字ですね。

漢字3文字ではありますが、読み方は「〇〇」の2文字です。

考えてみてください!

「野口啄木鳥」の読み方の答えは・・・

正解は、「のぐちげら」でした!

「啄木鳥」と書いて「けら」と読みますが、「きつつき」とも読みます。

「きつつき」はキツツキ科の鳥の総称で、「けら」もキツツキ科に属する鳥です。

そして「野口啄木鳥(のぐちげら)」ですが、沖縄のやんばる地方にしか生息しないキツツキなんです。

1887年に発見された際に、発見に携わった野口さんの名前を取って名付けられたんですよ。

絶滅危惧種であり、特別天然記念物に指定されているキツツキです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA