漢字読み講座

「瓜実顔」の読み方は?「うりみがお」と読むのは間違いです【難読漢字】

「瓜実顔」の読み方をご存じでしょうか?

「うりみがお」と読むのは間違いですよ。

ちょっと読みにくい漢字ですが、あなたもきっとどこかで聞いたことのある言葉です。

顔の見た目を表す言葉のようですが…

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「瓜実顔」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇〇」の6文字
  2. 意味は、色白で面長な顔のこと
  3. 「瓜実顔の古風な日本美人ですね」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「瓜実顔」の読み方!正解は!?

正解は「うりざねがお」です!

「瓜実顔(うりざねがお)」とは、色白で面長な顔を瓜の種の形に例えていう表現になります。

「瓜実」と書くため瓜の実のような形と誤解されやすいのですが、実ではなくて種のことなので、注意が必要です。

美人の顔は時代と共に移り変わりますが「うりざね顔」は平安時代から美人の特徴とされていて、それは現代でも変わっていないようですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA