漢字読み講座

「鳬がつく」を何と読みますか?「とりがつく」ではありません。

あなたは「鳬がつく」を何と読みますか?

もちろん、「とりがつく」とは読みませんよね!

気持ちがすっきりして整理がつくことです。

「鳬がつく」の読み方のヒントは?

1.「鳬がつく」の類義語には、「収拾」「終止符」「幕引き」などがあります。

2.「鳬がつく」を英語で表現すると、ゲームクリア、フィニッシュなどが近いでしょう。

3.『談合は旨く鳬が付いたものと見え、』西尾正「陳情書」より引用

正解は…

正解は「けりがつく」でした!

「鳬」の音読みは「フ」、訓読みは「けり」「かも」、13画の漢字です。

訓読みの「かも」はカモ科の「鴨」またはチドリ科の鳥を指します。

「鳬がつく」の語源

和歌などで使われる助動詞の「〜けり」が語源と考えられています。

文末に用いられることから、終わらせる、終い(しまい)を意味します!

イメージ的に「蹴りがつく」と書きたくなりますが正しくありません。

「片をつける」とはどう違う?

「鳬をつける」とは、容易に決められない問題に決着をつけること、終わらせることです。いざこざがあったものの、物事を無事に終えようとするときに使うのが適します。

一方「片をつける」は、物事を処理して答えをはっきりさせること、何かしらの結論を出すことです。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA