漢字読み講座

「吋」ってなんて読む? なんと(すん)ではないのです!

「吋」と書いて、なんと読むか分かりますか? なんと(すん)ではないのです! さあ、なんと読むでしょう?

「吋」読み方のヒントは?

ヒントは全体で3文字、「〇〇〇」となります。 ある単位の名前です。外来語のため答えはカタカナになります。 何か思い当たるものはあるでしょうか?

「吋」読み方のもうひとつのヒントは?

最初の一文字目は「イ」です。 長さを表す単位で、日常的に耳にすることも少なくないかなと思われます。 これでだいぶ見当がついてきたのではないでしょうか?

「吋」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

「インチ」

です!

インチはヤード-ポンド法による長さの単位で、記号ではinと表記します。 1インチは2.54センチメートルになります。 身近なところだと、テレビのサイズでインチが使われていることが多いですね。 例えば65型テレビの場合は、画面の対角線の長さが65インチとなります。 テレビはもともとアメリカで作られていたので、その名残りだとか。

日本で使われる長さの単位ですが、昔は尺貫法の尺や寸が使われていましたが、 1921年にメートル法が導入されてからはメートルに統一されています。 メートルへの統一を厳守させるため、日本国内では尺・寸やインチといった単位を使うことは 法律で禁止されており、これを破った大工さんが逮捕されることもあったとか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA