漢字読み講座

「屹立」の読み方は?「そばだつ」ではありません【難読漢字】

「屹立」の読み方をご存じでしょうか?

「そばだつ」と読むのは間違いですよ。

「屹」という字は余り見かけないので、読みにくいですね。

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「屹立」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 意味は「高くそびえ立つ」こと
  3. 「屹立する高層ビルの谷間を歩いた」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「屹立」の読み方!正解は!?

正解は「きつりつ」です!

「屹立(きつりつ)」とは「他のものよりも際立って高くそびえ立つ」または「人がじっと動かずに立っている」ことをいいます。

「屹」という字は「仡」が元です。

「仡」は、たけだけしい、勇ましいといった意味を持つため、山編がつくことで、「屹」の字は、山が高くそびえ立つさまを表したものになります。

以下は「屹立」を使った例文です。

  • 彼は、屹立する山々を仰ぎ見た
  • 左右にずっしりとした門柱が屹立していた
  • その老人は人々に紛れず、凛として屹立している

「屹立」の類義語としては「聳立(しょうりつ)」「峭立(しょうりつ)」「そびえ立つ」などがあります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA