漢字読み講座

【今日の難読漢字】「萌す」 「頃く」 「琢く」3つ読めたら漢字マスター!でも「もえす」と読んでしまったら・・・

今日の難読漢字は

「萌す」
「頃く」
「琢く」

の3つです。早速いってみましょう!

まず最初の漢字は「萌す」!

「萌す」

親しみやすい漢字ですが、何と読むかわかりますか?

2005年ごろ、「萌え~」という言葉が大流行しましたが、

「萌す」は「もえす」とは読みません。

「萌す」の読み方のヒントは…

まずは読み方のヒントをお伝えします。

  • ヒント1:「萌」の漢字の意味は、芽が出ること
  • ヒント2:「萌し」という言い方もある
  • ヒント3:「萌す」は全部で3文字の言葉

そろそろわかった方もいるのではないでしょうか?

「萌す」の読み方!正解は…?

正解は……

「きざす」です!

「萌す」の意味は、芽が出ること。

そこから転じて、「ものごとの始まり」を指す場合もあります。

春になると、梅や桜、道ばたの草花が色づいてきて嬉しく思いますよね。

そんな新鮮な気持ちや、新しい季節の始まりを表す美しい言葉なのです。

次の難読漢字は「頃く」

「頃く」

見慣れた漢字が使われている言葉ですが、

何と読むかわかりますか?

時を表す漢字「頃」に、送り仮名の「く」がつく場合、

「ころく」とは読みません。

では、どんな読み方をするのでしょうか?

「頃く」の読み方のヒントは…

まずは読み方のヒントをお伝えします。

  • ヒント1:時間を表す言葉
  • ヒント2:「頃刻」「暫時」と同じ意味の言葉

「頃く」は漢字の通り、時を表すときに使う言葉です。

そろそろわかりましたか?

「頃く」の読み方!正解は…?

「頃く」の読み方、正解は……

「しばらく」です!

読み方通りの意味ですが、

「わずかな時間」「少しの時間」などと言い換え可能です。

最後の難読漢字は「琢く」

「琢く」

何と読むかわかりますか?

「豕(いのこへん)」が使われている漢字のため、

ぱっと見「豚」や「啄」などほかの字を

思い浮かべてしまった人もいるかもしれません。

「琢く」の読み方のヒントは…

まずは読み方のヒントをお伝えします。

  • ヒント1:玉などを研ぐこと
  • ヒント2:学問や技術などを向上させること

「琢く」は、上のような意味を持つ言葉です。

そろそろわかりましたか?

「琢く」の読み方!正解は…?

「琢く」の読み方、正解は……

「みがく」です!

  • ものの表面を研ぎ、なめらかにすること
  • こすって汚れを取ったり、つやを出したりすること
  • 念入りに手入れして美しく保つこと
  • 学問や芸を上達させること

このような意味を持つ漢字です。

「琢く」はどちらかというと

「学問や技、人徳などを磨き上げる」という意味で使われます。

「切磋琢磨(せっさたくま)」「彫琢(ちょうたく)」などの

熟語にも使われていますよね。

仲間同士で励まし合ったり、努力を重ねて学問や人徳をよりいっそう磨き上げたりするとき、

この「琢く」という言葉を使うといいでしょう。

さて、あなたは何問正解できましたか?
間違ってしまったあなたは、これを機に覚えておきましょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
tnskksg
国語好きが高じてwebライターになりました。奥ゆかしさを感じる言葉が好きです。わたしの紡いだものが、あなたの記憶のなかに残りますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA