漢字読み講座

【象る】「ぞうる」ではない本当の読み方、分かりますか?

シンプルな漢字だけれど、なかなか読むことができない漢字ってありますよね。

たとえば、「象る」という単語。

日常生活ではあまり目にすることのない文字の並びですが、なんだか見たことあるような気もしませんか?

読み方はもちろん「ぞうる」ではありません。

あなたは読むことができますか?

「象る」の読み方のヒントは?

それではヒントです。

この単語の意味は「もととなるモノの形を写し取ってあらわす」というものです。

「人間を象ったオブジェ」のように使います。

もう分かってしまったでしょうか?

正解は…

正解は…

かたどる

でした!

普段文字で見ることはあまりありませんし、表記される場合でもほとんどひらがなが使われます。

同じ読み方で「模る」という漢字もありますが、こちらはコピーして真似るという意味合いが強いので芸術などでの表現に用いるのは「象る」の方です。

これらの違いも含めて知っておくと思わぬところで役に立つかもしれません。

覚えておいて損はないので、ぜひ覚えてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA