漢字読み講座

【詰る】読めそうで読めないかも?この漢字、「つまる」と読んでいませんか?

「詰まる」という単語は、「つまる」と読みますよね。

それでは、これはどうでしょう。

「詰る」という言葉。

「つまる」の送り仮名を一部省略したものとされることもありますが、実はもう一つ読み方があります。

あなたはスラスラと読むことができますか?

「詰る」の読み方のヒントは?

「詰る」の意味は「相手を責め立て、問い詰める」というものです。

この表現はあまり日常会話では用いられませんが、時々新聞や書籍、ナレーションなどで使われることはあります。

読み方は「〇〇る」。

分かりましたでしょうか?

正解は…

正解は…

なじる

でした!

同じ意味の言葉に「詰問する」というものがありますが、「詰」という漢字に「厳しく問い詰める」という意味があるため、同じ漢字が使われているんです。

ぜひこの機会に読み方と意味、両方しっかりと知っておきましょう。

漢字をちゃんと読むことができれば、人に「詰られる」ことも少なくなるかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA