漢字読み講座

【「じか」?「じけ」?「時が化ける」とは?】「時化」と書いていったい何と読む?

この漢字は、構成している漢字はどちらも小学生で習うとても簡単なもの。

ですが、この2文字が合わさると難問になります・・・。

 

でも、「時が化ける」ってどういう状態なんでしょうか?

今回は漢字の読みとその意味についても触れていきましょう。

「時化」は何と読む??

 

「時化」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 漁師やベテランの釣り人であればこの状況に遭遇したことがあると思います。

ヒント➁ いわゆる「凪」とは対になるものです。

ヒント③ 「〇〇」の2文字です。

 

「時化」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しけ」です!

 

しけ?って何?と思われた方も多いのではないでしょうか?

確かに普段はあまり聞きなれない言葉ではありますが、時化(しけ)とは、強風や台風の前触れなど、化けたように悪天候で海上が荒れることを指します。

 

ヒントにも書きましたが、「時化」の対義語は「凪」ですね。

(「凪」は字のごとく、「風が止んで」水面が静かな状態です。)

 

ちなみに漁師や釣り人などは、これから時化の状態になることを「時化(しけ)ってきた」などど、動詞として使う場合もあるそうです。

このような悪天候が予想される「時化」のときは、海のレジャーは控えるようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA