睡眠

仮眠はするべき?仮眠がもたらすメリットとデメリットを紹介しちゃいます!

貴方は仮眠を取ったことはありますか?仮眠は業務などを効率良く行うために敢えて少ない時間の睡眠を取ることによって業務効率化につなげるものです。疲れを取ってリフレッシュさせることによって生産性がアップするのであれば、積極的に仮眠を取ると良いでしょう。

それでは、仮眠を取るメリットやデメリットについてご説明しましょう。

仮眠を取るメリット

仮眠を取ることによって様々なメリットがあります。

それでは、どんなメリットがあるのかご説明しましょう。

眠気が取れる

一番のメリットは眠気が取れることではないでしょうか。眠気が残っているまま仕事をしていても、眠気が邪魔をして能率が下がってしまいます。しかも眠気によってミスが非常に発生しやすくなることから、評価も下がりやすくなるでしょう。

しかし、ここで仮眠を取っておくことによって眠気が取れるので、業務効率化が図れると共にミスも発生しにくくなります。

健康維持にも役立つ

仮眠は健康維持にも効果があることをご存知でしょうか?適度な仮眠は眠気を取るだけでなく、疲労も取れるので健康を維持するためにも仮眠が推奨されているほどです。実際、疲労が溜まっていると身体に様々な悪影響を及ぼすため、長時間労働はおすすめできません。

過労死という言葉があるように、疲労の蓄積は身体をどんどん追い込んでしまいます。適度な仮眠は効率良く疲労を解消することができるので、健康的な状態を維持するためにも仮眠を取りましょう。

仮眠を取るデメリット

仮眠を取るメリットは様々ですが、デメリットもあるので注意が必要です。

それでは、仮眠を取るデメリットについてご説明しましょう。

睡眠慣性がつきやすい

きちんと自制できていれば問題ありませんが、睡眠慣性が付きやすいというデメリットがあります。睡眠慣性とは、睡眠状態から覚醒することができずに、いつまでも眠気がある状態から解放されないことです。

つまり、短時間の仮眠のつもりが1時間以上の仮眠を取ったことによって、逆に脳が眠りから覚めずにウトウトしてしまい、注意力が散漫になりやすくなってしまいます。これでは逆効果になってしまうので、きちんと仮眠を取る時間を決める必要性があります。

まとめ

仮眠は眠気や疲労を取ることによって業務効率化を図るための方法です。しかし、長時間の仮眠は逆効果になる可能性があるので、仮眠を取るなら時間を決める必要性があります。業務効率化のためにも、積極的に仮眠を取りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA