漢字読み講座

「過る」ってなんて読む?「すぎる」と読んでしまったあなたは・・・

「過る」

つい「過ぎる(すぎる)」と読んでしまいがちですが、

「過る」と「過ぎる」

よく見ると送り仮名がひとつ足りませんよね。

「過る」読み方のヒントは?

ヒントは、この言葉はまさに「通り過ぎる(すぎる)」場面で使います。

類語としては

「かすめる」

「浮かぶ」などが挙げられます。

「過る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「よぎる」

です!

「過ぎる(すぎる)」と「過る(よぎる)」の違いはなんでしょう?

「過ぎる」は物理的に人や物などが通り過ぎるという意味以外にも、

「約束の時間が過ぎた」

「服装が派手過ぎる」

「量が多過ぎる」など、さまざまな場面や意味で使われます。

一方、「過る」は「まさに今、通り過ぎていく」というニュアンスが強くなります。

「目の前の道を猫が過る」

「思い出が脳裏を過る」

「不安が胸を過る」などです。

同じ漢字・同じ意味合いでも、ずいぶんと違ってくるのが面白いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA