漢字読み講座

【難易度★★★★】「託ける」って何て読む?「たくける」ではありませんよ!

「託ける」

託児所(たくじじょ)・委託(いたく)などのように使われるこの漢字。
「託」は常用漢字でもあり、日常生活でもよく見かけます。

しかし、音読みの「たく」と読むイメージが強く、訓読みを知らない人も多いのではないでしょうか?
もちろん「たくける」ではありませんよ!

「託ける」読み方のヒントは?

ヒントは、「か」から始まるひらがな5文字。

直接関係ないことと無理やり結びつけて、都合のよい口実をつくる
他の物事のせいにする」という意味で使われます。

類語には
「隠れ蓑(かくれみの)」
「こじつける」などが挙げられます。

もうわかりましたね?

「託ける」の読み方、正解は…

正解は・・・

 

「かこつける」

です!

「今日だけは誕生日パーティに託けて、ダイエットはお休みしよう。」
「旧友が遊びにくるから、それに託けて今日はお酒を飲もう。」
などのように使います。

「託」という漢字の訓読みは託(かこつ)けるのほかに、

  • 託かる …ことづ(かる)
  • 託つ …かこ(つ)

と読むことができます。

送り仮名によって読み方が変わるので、この機会に覚えてみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA