ローソン

焼肉のタレがクセになる味!ローソンのお惣菜【牛カルビ】はおかずにもおつまみにも最高過ぎる

コンビニのお弁当でも人気の牛カルビの焼肉。この肉の部分だけを、お酒のおつまみにしたいと思ったお酒好きの人も少なくないはず。

そんな夢のような牛カルビのおつまみが、ローソンにあったのでご紹介します。

牛カルビ焼

ローソンの「牛カルビ焼<焼肉のタレ>」258円(税込み)

発売元は「伊藤ハム株式会社」

製造者は徳島県の食品製造販売会社「株式会社丸本」となっています。

焼肉のタレで和えました

牛カルビをフルーツ香味がベースの焼肉のタレで和えています。

要冷蔵

牛カルビ焼<焼肉のタレ>は、要冷蔵で10℃以下で保存のチルド食品。
保存料や合成着色料は使用されていません

食べる時には、電子レンジで温めます。500Wで約50秒、600Wで約45秒、1500Wで約15秒となっています。

一括表示

商品の裏面に貼られた一括表示を確認すると、内容量は54g、熱量は195㎉
たんぱく質8.2g、脂質15.6g、炭水化物5.5g(糖質5.2g、食物繊維0.3g)、食塩相当量1.3gです。

原材料を見ると、牛肉はカナダ産ですね。

ところで「カルビ」って牛のどの部位か知っていますか?
カルビとは、バラ肉(アバラ周辺の肉)のことで、韓国語の「カルビッピョ(アバラ骨)」が語源になっています。

電子レンジで温める時にはフィルムの隅をはがします

電子レンジで温める時には、パッケージの左下部分のフィルムを点線まではがします。

肉厚で噛み応えあり

ローソンの牛カルビ焼<焼肉のタレ>は、薄切りの肉ではなく、ゴロゴロとした厚切りタイプ。しっかりと噛み応えがあります。

内容量は54gとのことですが、なかなかボリュームがあります。

焼肉のタレがしっかりからんでいます

しょうゆベースのタレには、水あめ、ごま、おろしにんにく、マスタード、レッドペッパー、洋ナシの果汁、唐辛子、コショウ、玉ねぎエキスなど、いろいろものが入っていて濃厚で深みのある味です。

ローソン公式サイトの商品ページに書かれていたフルーツ香味というのは洋ナシの果汁だったんですね。

脂もしっかりとあってジューシーな肉

肉には脂もしっかりあってかなりジューシー。一口サイズで食べやすい大きさですが、食べ応えは十分です。

お酒のおつまみには、もちろんご飯にも最高に合いそうですね。

お茶碗に白いご飯を盛って、その上に、このローソンの牛カルビ焼<焼肉のタレ>を乗せて牛カルビ丼にして食べてみたい。

サンチュやレタスと一緒に

今回ご紹介したローソンの「牛カルビ焼<焼肉のタレ>」は、洋ナシ果汁のフルーティーな甘みにニンニクの香りが加わってクセになる味

電子レンジで温めて、そのまま食べても十分に美味しいですが、サンチュやレタスと一緒に食べるのがおすすめですよ。

ABOUT ME
都良(TORA)
都良(TORA)
アウトドア、グルメ、観光系のフリーライター。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA