敷布団(敷き布団)

敷布団はクリーニングに出せる?値段・料金や日数・期間を紹介!

敷布団 敷き布団 クリーニング 期間 日数 何日 料金 値段 費用

「敷布団ってクリーニングに出せるの?」
「クリーニングにかかる日数を知りたい。」
「料金はどれくらいかかる?」

本記事を読まれているあなたは、このようにお考えかもしれません。

結論から言うと、敷布団はクリーニングに出せます

ということで本記事では、クリーニングに出す方法や期間・値段について具体的にお伝えします。

敷布団をクリーニングに出したい方は、ぜひ最後までじっくりお読みください。

敷布団をクリーニングに出す方法2つ

  • 宅配型クリーニング
  • 店舗型クリーニング

敷布団をクリーニングに出すには、上記2つの方法があります。

それぞれの特徴を紹介していきます。

敷布団のクリーニング①:宅配型クリーニング

宅配型クリーニングとは、自宅から敷布団を配送でき、クリーニング完了後は自宅まで敷布団を届けてくれるサービスです。

メリットとしては以下があります。

宅配型クリーニングのメリット
  • クリーニング店まで敷き布団を運ぶ手間が省ける
  • 長期間クリーニング店に保管できる

反対に、デメリットは下記です。

宅配型クリーニングのデメリット
  • 通常のクリーニングよりも費用がかかる
  • 預けてから返却までの期間が長い

「敷布団をクリーニング店に出しに行く時間や方法がない!」「替えの敷布団も気に入っている」という方におすすめ

敷布団のクリーニング②:店舗型クリーニング

店舗型クリーニングとは、店舗まで敷布団を持っていき、クリーニング完了後も店舗まで敷布団を取りに行くクリーニングサービスです。

メリットは下記の通り。

店舗型クリーニングのメリット
  • 宅配型クリーニングよりも安く済むことが多い
  • 宅配型クリーニングと比べて早く完了することが多い

一方で、デメリットは以下です。

店舗型クリーニングのデメリット
  • クリーニング店まで敷き布団を運ぶ手間や時間がかかる
  • 長期間保管してもらえることは少ない

なるべく安く・早くクリーニングを終わらせたい方に向いています

ということで、ここまでは敷き布団の宅配型クリーニングと店舗型クリーニングの2種類の特徴を紹介してきました。

ここからは、上記2種類にかかる日数や価格をそれぞれお伝えします。

敷布団のクリーニングは何日かかる?具体的な日数・期間を紹介

敷布団 敷き布団 クリーニング 期間 日数 何日 料金 値段 費用

クリーニングに出している間は、いつも使用している敷き布団を使うことができません

具体的な日数を把握したほうが良いでしょう。

以下で、宅配型クリーニングと店舗型クリーニング、それぞれどれくらいの期間でクリーニングが完了するかをお伝えします。

敷布団の宅配型クリーニングにかかる日数・期間

宅配型クリーニングでは、「申し込み~敷布団の集荷~返却」まで、およそ2~3週間かかります

具体的には下記の通り。

  • 申し込み~集荷キットが届くまで:2~3日
  • 集荷キットが届く~集荷まで:1~5日
  • 集荷~クリーニング終了・家に届くまで:10~15日

もちろん、それ以上の期間預かってもらいたければ、保管サービスを利用して長期間預けることも可能です。

あなた自身の状況に合わせて、活用してみてください。

敷布団の店舗型クリーニングにかかる日数・期間

店舗型クリーニングだと、約1~2週間で敷布団のクリーニングが終わります

宅配型クリーニングよりも1週間程度短いですね。

店舗型だと、預ける際は直接お店に持ち込み、クリーニング完了後直接お店に回収しに行くためです。

お気に入りの敷布団があり、なるべくそちらを使用したいという方には店舗型クリーニングが向いているでしょう。

敷布団のクリーニングにかかる料金・値段は?

敷布団 敷き布団 クリーニング 期間 日数 何日 料金 値段 費用

敷き布団のクリーニングにかかる費用は、宅配型と店舗型で違ってきます。

それぞれ紹介していきます。

敷布団の宅配型クリーニングにかかる料金・値段

敷き布団を宅配型クリーニングに出すと、費用はおよそ4,000~8,000円かかります。

サイズや素材、枚数によって価格は前後します。

また、地域によっても費用は変わります。

宅配型なので、送料がかかりますからね。

その他にも敷布団保管オプションや防ダニオプション、すすぎ2倍オプション等で追加の費用がかかることもあります。

敷布団店舗型クリーニングにかかる料金・値段

敷き布団を店舗型クリーニングに出した場合の費用は、約3,000~6,000円

宅配型クリーニングよりも若干安くなっています。

ちょうど送料がかからない分と言えますね。

敷布団を運ぶ手間や労力はかかりますが、なるべく安く済ませたい方には良いでしょう。

さて、ここまでは敷布団クリーニングにかかる日数や費用についてお伝えしてきましたが、敷布団をクリーニングに出す際にはいくつか確認すべき点があります。

日数や費用にも関わる大切なことなので、ぜひ下記を確認してください。

敷布団のクリーニングを依頼する際のチェックポイント3つ!

  • 敷布団の素材
  • 敷布団のサイズ
  • 敷布団の破損

敷布団のクリーニングを依頼する際は、上記3点を確認すると良いでしょう。

1点ずつ説明します。

敷布団クリーニングのチェックポイント①:敷布団の素材

クリーニングに出す前に、敷き布団の素材を確認しましょう。

素材によって費用が前後しますし、場合によってはクリーニング非対応なこともあります

例えばシルクやウレタン、ムートンは非対応なケースが多いので注意してください。

対応素材は業者ごとに違うので、1社ずつ確認する必要があります。

敷布団クリーニングのチェックポイント②:敷布団のサイズ

敷き布団のサイズはクリーニングに出す前に確認しておきましょう。

かかる費用を正確に把握するためです。

例えばシングルサイズとキングサイズだと、金額はおよそ1.5倍程度違います

「思ったより高い!」とならないためにも、要チェックです。

敷布団クリーニングのチェックポイント③:敷布団の破損

敷布団に破れやほつれ、キズがないかを確認してください

大きな穴が開いていたり、破れていたりするとクリーニングに出せない可能性があるからです。

問い合わせの際にスムーズに説明できるよう、破損箇所やサイズもメモしておくと良いかもしれません。

敷布団のクリーニングについてまとめ

敷布団のクリーニングについてまとめ
  • 敷布団のクリーニングは店舗型クリーニングと宅配型クリーニングの2種類ある
  • 店舗型クリーニングは安くて早い一方、敷布団を持ち運ぶ手間がかかる
  • 宅配型クリーニングは手間や時間がかからない一方クリーニング費用が高く、期間も長くなることが多い
  • 敷布団をクリーニングに出す際は、「素材」、「サイズ」、「破損」の3点を確認すると良い

敷布団のクリーニングについてまとめると、上記のようになりました。

毎日眠るために使うものだからこそ、定期的にクリーニングに出してメンテナンスしてあげてください

敷布団がきれいになれば、眠りの質も良くなるかもしれませんよ。

この記事が敷布団のクリーニングについて知りたい方の参考になれば幸いです・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA