敷布団(敷き布団)

腰痛用敷布団の選び方5つとおすすめ敷布団3選!もう腰痛に悩まない

敷布団 敷き布団 選び方 おすすめ ニトリ 西川 エアウィーヴ

「腰痛が辛い…。良い敷布団の選び方を知りたい。」
「腰痛向けの敷き布団ってないの?」

この記事を読まれているあなたは、上記のようなお悩みをお持ちかもしれません。

そこで本記事では、腰痛がある方向けの敷布団の選び方をお伝えします

実際におすすめの商品も紹介しますので、腰痛にお悩みの方はぜひ最後までお読みください。

腰痛用敷布団の選び方5つ!

  • 腰痛の種類
  • 体圧分散性
  • 厚さ
  • 耐久性
  • 洗濯性

腰痛用敷布団は、上記5つを基準に選ぶと良いですよ。

1つずつ説明していきます。

腰痛用敷布団の選び方①:腰痛の種類

腰痛の種類によって、おすすめの敷き布団は違ってきます。

  • 硬い敷布団
  • 柔らかい敷布団

それぞれどんな種類の腰痛におすすめか、下記で説明します。

硬い敷布団がおすすめの腰痛タイプ

硬い敷布団は、下記の症状がある方におすすめです。

  • 腰椎椎間板症
  • 筋・筋膜性腰痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰を折る・体を丸めると痛い

「高反発ウレタン」、「羊毛」、「エアファイバー」など、硬さがある素材の敷布団を選びましょう

柔らかい敷布団がおすすめの腰痛タイプ

柔らかい敷布団は、以下の腰痛で悩んでいる方に合っています。

  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰を反る・体を後ろに倒すと痛い

「低反発ウレタン」、「羽毛」など、柔らかい素材の敷き布団を選びましょう

腰痛用敷布団の選び方②:体圧分散性

腰痛持ちの方には、体圧分散性に優れている敷き布団がおすすめです。

体圧分散性とは、体にかかる負担を分散させる性質のこと。

体圧分散性が低い敷布団だと、体の出っ張り部分である腰に負担が集中します。

一方で体圧分散性に優れている敷布団だと、体重を全身に分散できるため、腰部へかかる負荷が軽減されます

腰痛の悩みから解放されるためにも、体圧分散性をチェックして敷き布団を選びましょう。

腰痛用敷布団の選び方③:厚さ

腰痛持ちの方にとって、敷布団の厚さは重要です。

あまりにも薄い敷布団は底つき感があるからです。

底つき感があると床の硬さが腰部に伝わり、腰痛が悪化します。

反対に、厚すぎる敷布団も腰が沈み込みすぎてしまいます。

腰部が沈み込むと寝返りが打ちづらくなり、腰痛の原因となります

腰の痛みを軽減させるためには、厚さ7cm~10cmの敷布団を使用しましょう

厚さ7cm未満・11cm以上の敷布団は、腰痛の悪化を防ぐためにもなるべく避けた方が良いかもしれません。

腰痛用敷布団の選び方④:耐久性

腰痛に悩んでいる方は耐久性のある敷布団を選ぶべきです。

耐久性が弱いと、使用日数が浅いうちからへたってしまい、底つき感から腰痛が悪化してしまうからです。

いくら使いはじめの使い心地が良くても、すぐにへたってしまっては勿体ないですよね。

腰痛を和らげるためには新しい敷布団に買いかえなくてはなりません。

長く使うことを考えると、耐久性のある敷布団を選ぶのが賢明でしょう。

また、保証年数が設けられている敷き布団を選ぶのも重要です。

想像以上にへたった場合、保証内で交換できるかもしれませんからね。

腰痛用敷布団の選び方⑤:洗濯性

洗濯ができる敷布団を選んで損はないでしょう。

腰痛緩和として腰を温めて寝ると、汗をかきやすいからです。

汗や皮脂などが染みついた敷布団を使い続けると、臭いやシミ、カビ等が発生しやすくなります

清潔感がないだけでなく、肌が荒れるなどの問題も起きかねません。

綺麗に安心して使い続けるためにも、洗える敷布団を選ぶと良いですよ。

ということで、ここまでは腰痛がある方向けの敷布団の選び方を紹介してきました。

上記5点を踏まえ、下記では実際におすすめの敷布団を3点ご紹介します。

腰痛用敷き布団おすすめ3選!

下記5点を踏まえて、腰痛持ちの方におすすめの敷布団を3点紹介します

  • 腰痛の種類
  • 体圧分散性
  • 厚さ
  • 耐久性
  • 洗濯性

どれもおすすめなので、あなたのニーズに合ったものを選ぶと良いでしょう。

腰痛用おすすめ敷き布団①:西川 プレミアムバランス4層敷き布団

敷布団 敷き布団 選び方 おすすめ ニトリ 西川 エアウィーヴ 西川のプレミアムバランス4層敷き布団は、肩から腰にかけてバランス固わたを使用しています。

そのため、腰部が敷布団に沈み込むことがありません

また、抗菌・防臭加工も施されており清潔感にも問題なし。

使用者からは、

「カタワタ部分が、ちょうど腰の部分に当たり適度に撓むため、ゆっくり眠れて朝起きても腰に痛みが出てきません。このまま安心して使い続けていきます。」

「厚みがあるのに腰にあって快適なふんわり感がありました。気に入ったので子供の分も購入しようと思います。」

などと、腰痛に効果を感じる声が多く見つけられました。

価格 41,800円
素材 ポリエステル、毛
サイズ 幅140×奥行210×厚さ7cm
備考 4層構造 / 抗菌・防臭のポリジン加工 / V-Lapを使用した固わた / 硬め

腰痛用おすすめ敷き布団②:エアウィーヴ 四季布団 和匠・二重奏

敷布団 敷き布団 選び方 おすすめ ニトリ 西川 エアウィーヴ

エアウィーヴの四季布団和匠・二重奏は、エアウィーヴ史上最上位の敷布団となっています。

表裏・上下で硬さが異なり、体格や好みによって使い分け可能

さらに、カバーも夏用と冬用で分かれており一年中快適に使い続けられます。

実際の使用者のレビューは下記の通り。

「腰痛で悩んでいたので四季布団 和匠・二重奏シングルを購入、寝起きの腰の違和感が改善しました。」

「購入後ひと月ほど使いました。以前は起き上がる時腰が痛くて固まってる感じでしたが二重奏にしてからは毎朝快調です。」

価格は高いですが、その分腰痛緩和の効果も抜群ですよ。

価格 220,000円
素材 エアファイバー
サイズ 幅100×奥行195×厚さ9cm
備考 保証期間3年 / 表裏でハード面・ソフト面の切替可能 / 上は柔らかく、下は硬い / 夏用・冬用アウターカバーあり

腰痛用おすすめ敷き布団③:ニトリ 点で支える体圧分散敷布団

敷布団 敷き布団 選び方 おすすめ ニトリ 西川 エアウィーヴ

ニトリの点で支える体圧分散敷布団は、商品名の通り体圧分散に優れています

耐久性が強く、洗濯機で丸洗いもできる優れもの。

本商品を使っている方からは、

「以前使用していたマットレスが腰が痛くなるため、こちらに買い換えましたがびっくりなことに一切腰が痛くなることがなくなりました。 本当によい商品を開発してくれたことに感謝です。 購入して5か月くらい経ちますがその品質は買ったときのまま変わりません。」

「朝起きると体がこわばっていて、伸びをしたり両手両足を振ったりして体をほぐしてからでないと起き上がれない状態でした。 今回この敷布団に変えてからは、朝スッと起き上がれます。 寝ている間の体の凝りがなくなりました。」

等の口コミが多々あります。

購入者も多く、信頼性の高い敷布団と言えますね。

価格 15,176円
素材 ウレタンフォーム
サイズ 幅100×奥行200×厚さ7cm
備考 保証年数1年 / 1,500個の凹凸 / 洗濯機で丸洗い可能 / お手頃価格 / 硬め

腰痛用敷布団についてまとめ

腰痛用敷布団についてまとめ
  • 腰痛の種類(症状)によって、合う敷布団は異なる
  • 敷布団は体圧分散性に優れたものでないと、腰部に負担がかかる
  • 敷布団の厚さは薄すぎても厚すぎても、腰の痛みを悪化させる
  • 耐久性がある敷布団でないと、すぐに底つき感が生じて腰痛が悪化する
  • 洗濯できる敷き布団を選ぶと清潔に使い続けやすい

腰痛用敷布団についてまとめると、上記のようになりました。

人の睡眠時間は人生の約1/3を占めます。

腰の痛みで悩んでいる方は、本記事で紹介した5基準・3商品から腰痛用敷布団を選んでみてください。きっと腰痛が和らぎます。

腰の痛みから解放されれば、アクティブに毎日を過ごせるようになりますよ。

この記事が腰痛用敷布団について知りたい方の参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA