睡眠

暑くて寝つきが悪い!夏でも快適な睡眠をとる方法とは?

皆さんは、蒸し暑くて眠れない夜を過ごしていませんか?
夏の季節は特に暑くて、寝つきが悪くなってしまうという人もいるかと思います。
今回は、蒸し暑い夜でも快適な睡眠をとる方法について解説していきましょう。

夏に寝つきが悪いのは暑さが原因?

ベッド

夏になると気温が高くなり、とても蒸し暑い日が続く日もあります。場合によっては、家の中でも同じです。

冷房などをつけないでしめきっている部屋の場合、かなり暑さを感じることもあります。

夜眠るときにも、蒸し暑く、寝苦しくなってしまうということは、部屋の気温が適切ではない可能性があるのです。

逆にクーラーなどで寒すぎる部屋にしてしまうと、身体が冷えて快適な睡眠がとれないという場合もあります。適切な温度の部屋で眠ることが大事です。

夏でも快適な睡眠をとる方法は?

寝室

では具体的には蒸し暑い夏の夜をどう過ごせばよいのでしょうか?

クーラーなどを活用する

窓を開け、扇風機を利用して夏の夜は過ごしているという人もいるかもしれませんが、それでも蒸し暑いと感じている場合、クーラーを活用するのがおすすめです。

クーラーのつけっぱなしが気になるという人は、タイマー設定などを利用しても良いかと思います。

しかし、タイマーでクーラーが止まってから、また蒸し暑くなると起きてしまう場合もありますので、部屋の気温が低くなりすぎないよう設定して、つけっぱなしにしてもよいかもしれないです。

寝る時に着る服を夏用に変える

寝る時に着る服の素材や形などによっては、着ていて暑苦しく感じてしまうものもあるので注意が必要です。

夏の寝る時に着る服は、通気性の良いものを選ぶと良いかと思います。

夜眠っているときにも汗をかきますので、吸水性の良いものもおすすめです。

冬は保温性のある服を着て寝ている人もいるかもしれないですが、同じものを夏にも着用するのは避けた方が良いでしょう。

寝具を夏用にする

寝具を夏用にするのもおすすめです。

例えば、マットレスの上に敷く冷感マットなどを利用するのも良いかと思います。

他には、枕カバーや掛布団などもひんやりする素材の物を利用するのがおすすめです。

吸水性に優れる寝具をそろえることで、寝ている間にかいている汗も吸収してくれます。

夏の夜の快適な睡眠方法まとめ

寝室

蒸し暑い夏は、クーラーなどを活用して部屋を快適な温度にするのもおすすめです。

寝る時に着る服や、寝具も夏用に変えて、蒸し暑い夏を快適に過ごしてくださいませ。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA