睡眠

睡眠時間がバラバラだとどのような影響があるか?

皆さんは毎日同じ時刻に睡眠時間を確保できているでしょうか?

平日は同じ時刻に起床しているけれど、休日は少し遅めに起きているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、毎日同じ睡眠時間をとっていないとさまざまな影響を及ぼす可能性があります。

以下では、睡眠時間がバラバラになってしまう原因や睡眠時間がバラバラだとどのような影響があるのかについて、解説していきましょう。

睡眠時間がバラバラになってしまう原因とは

ベッドの画像

睡眠時間がバラバラになってしまう原因は、「平日と休日で起床・就寝時間が違う」「仕事のシフトによって睡眠時間がバラバラになってしまう」などがあげられるでしょう。

平日は出勤時間に合わせて起床しているという人もいるかと思いますが、休日には寝坊してお昼くらいまで寝てしまうという人もいるのではないでしょうか。

休日たくさん寝ることで疲れをとりたいと思う気持ちもわかりますが、そのバラバラの睡眠時間がさまざまな影響を与えてしまうことがあるのです。

睡眠時間がバラバラだとどのような影響があるのか?

時計の画像

睡眠時間がバラバラだと、体内時計の乱れにつながる可能性があります。

体内時計が乱れるとさまざまな影響が起こる可能性がありますので、以下で紹介していきましょう。

ストレスがたまりやすくなる

睡眠時間が不規則ですと、ストレスがたまりやすくなる可能性があります。

毎回同じ時刻に起床就寝しないことで、体内時計が乱れ、ストレスも溜まってしまうのです。

疲れやすくなる

体内時計が乱れると、疲れやすくなる可能性があります。

休日は疲れをとるためにたくさん寝ているという人は、もしかしたらその不規則な睡眠時間のせいで疲れやすくなってしまっている可能性もあるでしょう。

体調不良につながる

体内時計が乱れると、体調不良につながる可能性があります。

ストレスや不眠などの影響だけではなく、体調にまで影響を及ぼす可能性がありますので、規則正しい睡眠時間を確保することは大事です。

まとめ

ベッドの画像

不規則な睡眠時間で睡眠をとっていると、「ストレス・疲れ・不眠・体調不良」などのさまざまな影響がでてきてしまう可能性があります。

規則正しい睡眠時間をこころがけ、休日はお昼まで寝てしまうことがないよう注意が必要です。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA