CBD

CBDは日本でも合法なの?違法になる可能性は?

たかの
たかの

こんにちは、DO-GEN編集部の高野(たかの)です。

「CBDって日本でも合法なの?違法じゃないの?」
「CBDを購入したいけど、違法だったらどうしよう?」

この記事を読まれているあなたは、上記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

CBDにはさまざまなメリットがあると知り、試してみたいと考えている方は多いかと思います。

ただ、本当に日本で合法なのかどうかと不安になりますよね。

そこで今回は、CBDは日本でも合法なのかどうか、違法にならないためにどうしたらよいのかについて解説していきます。

CBDは日本で合法?違法?

cbd 合法 違法 日本

結論から言うと、CBDは日本でも合法です

日本の「麻薬及び向精神薬取締法」と「大麻取締法」という2つの法律を遵守しているからです。

それぞれ順番に説明していきます。

麻薬及び向精神薬取締法

まず、麻薬及び向精神薬取締法を見ていきましょう。

麻薬及び向精神薬取締法では、コカイン、MDMA、LSD、ヘロイン、モルヒネの成分をはじめとし、たくさんの成分が禁止されています。

このたくさんある禁止成分の中にCBDは含まれません

ですので、成分的に見てCBDは合法です。

次に、大麻取締法を見ていきましょう。

大麻取締法

大麻取締法で禁じられている大麻とは、大麻草の茎や種子以外の要素を指します。

【大麻取締法】

大麻取締法での「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

大麻草の成分であるCBDは、大麻草の茎や種子から抽出することができます

ですから、抽出元から見てもCBDは合法ということになります。

これらの理由でCBDに違法性はありません。

ただし、茎や種子から抽出されたCBDは違法になりますので注意してください

こちらについては後程解説していきます。

では、日本で違法とされているのは何かというと、CBDと同じく大麻草の成分あるTHC(テトラヒドロカンナビノール: Tetrahydrocannabinol)です。

THCは大麻草の茎や種子以外から抽出されるため大麻取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法において禁止成分とされているため違法です。

大麻といえば、気分がハイになる、多幸感をもたらすなどのイメージを持っていらっしゃる方は多いかもしれません。

これらの作用を持つのはTHCであり、CBDには依存性も精神作用もありません。

さて、先ほど触れたとおり、CBDにも違法になる可能性はあります。

どういうことなのか次で解説していきます。

参考:https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=81108000&dataType=0&pageNo=1

CBDが日本で合法でない可能性は?違法になる条件

  • 茎や種子以外から抽出されたCBDの場合
  • 実はTHCが含まれていた場合

日本でCBD製品を使用して違法になる可能性はほとんどありません

CBD製品販売店のほとんどは国からの認定を受けてCBD製品を販売しているからです。

ただ、上記にあてはまる場合は違法となってしまいます。

実際に逮捕された事例があるので紹介していきましょう。

逮捕されたとのはアメリカ在住の日本人Aさん。

Aさんは、CBDを意図的に大麻草の茎や種子以外からの場所から抽出し、さらにTHC成分を含めたCBDオイルを自分で製造しました。

その自作のTHC入りのCBDオイルを日本に持って行こうとしたところ逮捕。

といった形です。

海外ではTHCや大麻草の茎・種子以外からの抽出が合法な国や州も多くあります。

日本では違法でも、海外では合法のCBD製品が多くあるということです

ですので、海外で正規に購入したCBD製品が日本では違法になることも十分考えられます。

ではどのようにすれば違法性のあるCBDを避けることができるのでしょうか。

違法性のあるCBDを選ばないためにチェックすべきポイントを次で紹介していきます。

日本で合法なCBDを選ぶために。違法CBDを避ける方法

  • 個人輸入しない
  • 成分表を見る
  • 販売許可を受けた代理店から購入する

日本で違法なCBDを購入しないために気を付けるべき点は上記の3つです。

それぞれ細かく見ていきましょう。

個人輸入しない

まずは個人輸入をしないことです。

個人輸入とは、海外の販売店から個人が直接購入することを指します。

言い換えると、日本の代理店を仲介せずに購入するということです。

海外では、THC入りの製品や、大麻草の茎・種子以外からの抽出された成分が含まれている製品が合法な国や州が多くあります。

そのため、海外で正規に購入したCBD製品が日本では違法になってしまう可能性もあります

個人輸入はしないようにするのが賢明でしょう。

成分表を見る

次に、しっかりと成分表を見るようにしてください。

THC入りです、と書いている可能性はほとんどありませんが、確認するに越したことはありません。

パッケージにはTHCフリーと書いてあったはずが、成分表を見たらTHC0.3%未満含むとなっている可能性がないとは言い切れませんからね。

アメリカではTHC0.3%未満はすべての州で合法なため、わざわざTHC入りと書いていないことも考えられます。

また、成分表示をしていない場合には購入を見送るなどして違法のリスクを減らすこともできます。

このように、いつも成分表を見る癖をつけるようにすることをオススメします。

正式な代理店から購入する受ける可能性がある

国から正式にCBDの輸入許可を得るためには、輸入前の検査、輸入する際の厚生労働省と税関による検査の三度の検査が行われています。

正規代理店は必ず上記手続きを受けた後に国内でCBDを販売しています。

ですので、ネット上で購入する際は、正規代理店かどうかが1番の判断材料になります。

販売元が信頼できるかどうかしっかりと確認するようにしてください。

参考:https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000616263.pdf

日本でCBD製品は合法か違法かについてまとめ

日本でCBD製品は合法か違法かについてまとめ
  • CBDは日本で合法
  • 「麻薬及び向精神薬取締法」と「大麻取締法」という2つの法律を遵守しているから
  • 茎や種子以外から抽出されたCBDや、THCが含まれている場合は違法になる
  • 違法にならないためには、個人輸入しない・成分表を見る・販売許可を受けた代理店から購入する、の3つを徹底する

日本でCBD製品は合法か違法かについてまとめると、上記のようになりました。

基本的に、販売されているほとんどのCBD製品は日本でも合法です。

その中に少しだけ潜む違法製品を購入しないように気を付けましょう。

しっかりと法律を守ってCBDでより良い毎日を楽しめると良いですよね。

この記事が、CBDが日本で合法か違法か悩んでいる方の参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です