睡眠

【温まって快眠】話題のエプソムソルト(硫酸マグネシウム)を使ってみた感想や効果をご紹介

脚の冷えでなかなか眠れない…そんなお悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

わたしがそうでした。お風呂でよく温まっても10分後には手足が冷たくなり、そのまま布団に入っても手足は冷えていくばかり。

あまりにも眠れず、冬場には、ベッドから起き出してお風呂場でシャワーをかけて手足を温めてから眠る…といこともよくありました。

ですが、エプソムソルトを使い始めてから、劇的によくなりました。

そこで今回は、冷えの方におすすめのエプソムソルトの効能や使い方、実際に使ってみた感想をご紹介します。

エプソムソルトとは?

入浴剤として使われるエプソムソルト。エプソムソルトの成分は、海水に含まれている「硫酸マグネシウム」というミネラル化合物です。

ソルトという名前がついていますが、塩は入っていません。塩の結晶のような見た目と、イギリスのエプソムという町で発見されたことからそのように名付けられました。

欧米では多くの家庭で、エプソムソルトを入浴剤として使っているんですよ。塩は入っていないので、浴槽を傷めることなく使うことができます。

白っぽい結晶で、お湯に溶かすと透明になります。匂いもないので、使いやすいです。

エプソムソルトの効果は?

エプソムソルトを入浴剤として使ったお風呂に入ることで下記の効果があると言われています。

・温熱効果

マグネシウムの効果で、体の芯からポカポカと温まります。しかもその熱が持続し、湯冷めしません。

・デトックス効果

体を温めることで、発汗作用を促します。

・肩こり、腰痛の改善

体を温めることで血行がよくなり、筋肉の緊張をほぐしてくれます。その結果、肩こりや腰痛の改善に繋がります。

・美容効果

エプソムソルトには古い角質を取り除き、新しい皮膚を再生するピーリング効果もあります。また、ミネラル成分がお肌をしっとりスベスベにしてくれます。

たくさんの嬉しい効果があります。エプソムソルトの効果のほとんどは、温熱効果によるものが大きいです。「冷えは万病の元」と言われますが、体を温めることで様々な症状を改善することができるんですね。

※効果の実感には個人差があります。

エプソムソルトを実際に使ってみた感想

エプソムソルトは、無色無臭のままで売られていることが多いですが、今回使っているのはラベンダーの香りのついたエプソムソルトです。

通常の香りのついていないエプソムソルトに、他の入浴剤や好きなアロマオイルを混ぜて使うこともできますよ。好きなようにアレンジして使えるのも、エプソムソルトのいいところです。

成分は硫酸マグネシウムのみ。今回のものは、ラベンダーの香りつきなので香料などが入っています。

 

見た目は、白っぽく塩の結晶にそっくりです。

お湯につけると、すぐに溶けていきます。

溶けると無色透明になりました。

エプソムソルトを使った入浴は、15分~20分程度がいいようです。あまり早く上がってもエプソムソルトの効果を実感できませんし、長湯しすぎてしまうと温熱効果でのぼせてしまいます。

実際に入浴すると、10分程度で体がポカポカし、じんわり汗が出はじめました。

お風呂から上がってしばらくたっても湯冷めしません。2時間後にベッドに入ったときもまだ体がポカポカしていました。

また、あたたまることでリラックスできたのか、夜もぐっすり眠ることができました。

エプソムソルトは入浴剤としての他、オイルに混ぜてマッサージや、スクラブ洗顔などにも使用できます。汗をたくさんかきたい半身浴のときにもおすすめです。

効果には個人差があると思いますが、わたしは冬場には眠れなかったほどの冷えが改善されたことが一番の効果でした。体がポカポカと温かいまま、ぐっすり眠ることができます。冷えの方、また肩こりや腰痛の方もぜひ試してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA