睡眠

理想の睡眠時間を知れば昼間の作業効率グーンとUP!?自分に合った理想的な睡眠時間ってどのくらい?

人間にとって理想の睡眠時間は一般的に8時間と言われていますが、別の意見では7時間といった話もあります。

そのため、結局何時間寝ればいいのか迷ってしまう方が多いでしょう。確かに、昼間の生活を有意義にするためにも、正しい睡眠時間を知っておきたいものです。

そこで本記事では理想の睡眠時間と自分に合った睡眠時間の調べ方を解説!昼間眠くて集中できない人や適当な時間に寝て、起きてしまうといった方はぜひご覧くださいね。

結論:理想の睡眠時間は人によってバラバラ

睡眠の画像

結論からいえば、理想の睡眠時間は人によってバラバラです。なぜなら、体格差、年齢、体質、性別などそれぞれの要因に影響されるため。

つまり、5時間睡眠でも日中の作業に影響がなければ十分睡眠がとれていますし、7時間睡眠でも昼間に眠気を感じるなら足りていないと言えます。

正直いえば、睡眠時間にこだわらなくても、日中眠気で困らなければ問題ないというのが、睡眠の専門家たちによる意見です。

睡眠時間は長くても短くてもダメ

男性の画像

睡眠時間にこだわる必要はないとお話しましたが、それでも短すぎる睡眠は日中の作業に影響を及ぼします。

事実、短すぎる睡眠を続けている人は、仕事の効率が悪くなり、ミスを連発してしまうようです。そう考えると、やむを得ない事情がない限りは、しっかり睡眠をとってから集中するのが最も効率的といえそうですね。

しかし、たくさん睡眠をとればいいわけではありません。実は睡眠も長すぎるとかえって質が悪くなってしまいます。さらに、寝すぎることで腰痛の原因になるなるなど、身体への悪影響も…。

以上のように、長すぎても短すぎてもいけないのが睡眠の難しいところです。快適な生活を送るためにも、自分に合った睡眠時間を知っておくのは重要になります。

自分に合った睡眠時間とは?

時計の画像

自分に合った睡眠時間とは、簡単にいえば日中に影響が出ない範囲をいいます。調べ方としては、同じ睡眠時間を1週間~2週間続けることです。

例えば、基準となる睡眠時間(7時間など)を設定して、同じ睡眠時間の生活を短くても1週間程度継続してみます。基準となる睡眠時間で日中眠気を感じるようなら短いですし、途中で起きてしまうようなら長すぎるかもしれません。

大切なのは、何時間に設定しても寝る時間や起きる時間を合わせることです。休日だからといって寝る時間が変わってしまっては、適切な睡眠をとることはできません。

おまけ:朝型夜型は決まっている

「夜型だから起きるのが辛い」といった話をすると、努力が足りないと思われがちですが、実は朝方夜型は生まれつき決まっています。そのため、その人の努力や性格の問題ではありません。

また、年齢によっても朝の得意不得意は変わります。若い人の方が比較的朝に弱い傾向ですが、年をとると共に解消されていくでしょう。これは、加齢によって睡眠調節機能が老化していくためだと分かってきました。

まとめ

自分にとって理想の睡眠時間が分かれば、日中の作業にも集中できますし、かえって仕事効率がUPします。今頑張り過ぎなあなたは、一度自分に合った睡眠時間を見直してみるのもいいかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA