漢字読み講座

【今日の難読漢字】「猛者」「巣窟」「生憎」読めそうで読めない漢字3つ!

今日の難読漢字は

「猛者」

「巣窟」

「生憎」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「猛者」!

「猛者」と書いて、(もうじゃ)じゃありません!

もうじゃだと、「亡者」になってしまいます。

お金の亡者とか言いますよね。

かといって、(もうしゃ)でもありません。

さて、なんと読むでしょうか?

「猛者」の読み方のヒントはコレ!

勇敢でいて、能力もあり、精力的に活動している人の事です。

柔道部や剣道部の猛者など、学校にも一人くらい居たのではないでしょうか?

ゲームやネットでも、よく「猛者」と使います。

勢いのある人や、裕福な人の事も「猛者」と言ったりもします。

ひらがなにすると「〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「猛者」の読み方、正解は・・・

正解は、「もさ」です!

 

猛者というと、勇敢な人というイメージですね。

猛者と言われるのはなかなか難しい事です。

次の難読漢字は「巣窟」!

「巣窟」と書いて、(すくつ)とは読みません。

「窟」は、穴や洞穴(ほらあな)の事を指します。

大昔は、洞穴を掘って生活していたかもしれませんが、現在では見ないですね。

しかし、「巣窟」のイメージとしてはピッタリです!

なんと読むでしょうか?

「巣窟」読み方のヒントは?

現在では、定住というより仮の住まいという意味で使われています。

悪党の住処(すみか)や、隠れ家、アジト的な意味合いです。

警察に巣窟がばれたら、いつでも家を捨てて逃げられるような

簡易的な場所とでもいいましょうか。

都合の悪いことが無ければ、あまり人は移動しようとしませんからね。

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です!

「卵巣」や「病巣」という言葉もあります。

そう〇〇」です!

「巣窟」の読み方、正解は・・・

正解は、「そうくつ」です!

 

ネットではわざと(すくつ)と書いているので、間違えて覚えている人も多い漢字です。

正しい読み方は(そうくつ)ですよ!

最後の難読漢字は「生憎」!

「生憎」と書いて(しょうぞう)と読むのは間違いです。

「生きる」に「憎い」と書きますが、漢字のイメージとは違う読み方をします。

パッと見てすぐ読めない人も多いかも知れませんが、

よく使われている言葉なので、読み方を聞けば納得するのではないでしょうか?

さて、なんと読むでしょうか?

「生憎」読み方のヒントは?

ドラマや漫画の中では、どんでん返しで「お生憎さま!」と啖呵を切ったりします。

現実ではあまりお生憎さま!という事はなく、

どちらかというと関係性を壊したくない場面での、お誘いの断り文句として使うことが多いです。

「生憎、その日は別の用事が入っているので残念ですが参加できません。」

人の誘いを断る前に生憎が入ると、やんわりと断ることができます。

相手を不快にさせない断り方なので、とても便利です。

さあ、もうわかりましたか?

「生憎」の読み方、正解は・・・

正解は、「あいにく」です!

 

「生」の読み方があて字の、珍しい読み方をする漢字のひとつです。

ぜひ、活用して行きましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA