漢字読み講座

「呵責」ってなんて読む? 誰でも一度くらいは経験済みです!

「呵責」と書いてなんと読むかわかりますか?

阿吽(あうん)の「あ」と、責任の「せき」です。

もちろん、(あせき)とは読みません。

呵責は自分の中の哲学や論理などとの戦い……なのかも知れません。

さて、なんと読むでしょう?

「呵責」読み方のヒントは?

自分にできることがあったのに、あえてしなかったことで

良心の呵責に苛まれる

事があります。

自分の中では悪い事だと認識しているので、

罪の意識を感じてしまい自分を攻めてしまう事です。

小さな罪悪感から、大きな罪悪感まで感じたことは無いでしょうか?

「呵責」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

相手が傷つくのをわかっているのに、

口にしないといけない時にも良心の呵責に悩まされてしまいます。

また、良心を持たない人も稀に存在します。

さて、もうわかりましたか?

「呵責」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「かしゃく」

です!

 

できるだけ呵責の無いように過ごしたいですが、

仕事となると言いづらい事も言わないといけない事が多々あります。

あまり囚われないようにしましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA