漢字読み講座

「三行半」ってなんて読む? (さんぎょうはん)ではありません。

三行の半分と書いて、「三行半」。

しかし、そのまま(さんぎょうはん)とは読みません。

今は、妻が夫に突きつけることの方が多いような気もしますが、

江戸時代では、夫から妻へ突きつけるものだったのだとか。

さて、なんと読むか分かりますか?

「三行半」読み方のヒントは?

江戸時代には、離婚届けなるものが存在しなかったため、

離婚の原因と妻の再婚を許可する離縁状が、だいたい三行と半分であったため、

そのまま三行半と呼ばれていました。

今では、相手の事を見切る、見捨てる、愛想をつかすという意味で使われています。

また、婚姻関係だけでなく恋人同士でも同じように

三行半をつきつける」と言います。

男女ともにあまり、調子に乗っていると離縁されてしまいますよね。

「三行半」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「三行半」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「みくだりはん」

です!

 

親子や友達に使うというよりも、男女の仲で使う言葉です。

三行半を突きつけられたら、ほぼ修正は不可能です。

気を付けましょう!

 

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA