漢字読み講座

【今日の難読漢字】「健気」「常夏」「宛ら」これがサッと読めれば大人カッコいい!

今日の難読漢字は

「健気」

「常夏」

「宛ら

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「健気」

「健気」と書いて、(けんけ)でも(けんき)でもありません。

辛い境遇でも、前向きに頑張っている様子を表す言葉です。

さて、なんと読むでしょうか?

「健気」の読み方のヒントはコレ!

一途で健気な女性は結婚相手としても人気です。

女性だけでなく、健気に生きている人は誰からも尊敬されるようになっています。

片親でも健気に子どもたちを育てる。

なんて聞くと、応援したくなりませんか?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

「健気」の読み方、正解は・・・

正解は、「けなげ」です!

 

男性に理想の女性像を聞くと、「健気な人」と答える人も多いです。

困難な事にも、前向きに立ち向かっていくという意味で、

しっかりと自分を支えてくれると思うのでしょうか?

次の難読漢字は「常夏」です!

常に夏と書いて「常夏」、でも(じょうか)や(つねなつ)とは読みません。

また、野生のナデシコの異名でもあります。

さて、なんと読むか分かりますか?

「常夏」読み方のヒントは?

一年中夏のような気候で、ずっと半袖だけでいけるような地域の事を指します。

ハワイや沖縄など、寒い時期には羨ましいですよね。

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「常夏」の読み方、正解は・・・

正解は、「とこなつ」です!

 

常夏は世界の中でもリゾート気分を満喫できる、おすすめの観光地です。

日本には四季があるからこそ、夏を楽しめるような気もします。

一年中夏だったらどうでしょうか?

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「宛ら」!

宛先の「宛」ですが、(あてら)ではありません。

送り仮名に「ら」が付いていますが、(もっぱら)でもありません。

まるで、あたかも、そっくり、そのままという意味で使われています。

さて、なんと読むか分かりますか?

「宛ら」読み方のヒントは?

非常によく似ている様子を

「地獄絵宛らのすさまじさ」

と例えたりします。

ひらがなにすると「〇〇〇ら」です!

もうひとつヒントを出すと、

さな〇ら」です!

もうわかりましたか?

「宛ら」の読み方、正解は・・・

正解は、「さながら」です!

 

郵便では「宛」と書いて(あて)ですが、「宛ら」と書くと(さながら)と読みます。

あまり書くことは無いかもしれませんが、書かれていた時にサッと読めれば知的なイメージですね。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA