漢字読み講座

「佐ける」佐々木さんが「さける」!? この読み方わかりますか?

難読漢字クイズです。

今回は「佐ける」の読み方!

佐々木さん、佐藤さん、佐野さんなど、名字によく使われる漢字です。

「佐ける」の読み方のヒントは?

困った人に手を貸すことや、相手の負担を軽くすることです。

ある働きが、より好ましい状態になるよう促進させるという意味もあります。

これらのヒントが、どうかあなたの「佐け」になりますように!

正解は…

正解は…

「たすける」

でした!

「佐ける(たすける)」は訓読みです。他に「すけ」とも読みます。

「すけ」と読む場合は、名前に使われることが多いようです。

例:戦国武将の馬関田 右衛門佐(まんがた うえもんのすけ)・元プロ野球選手の所 憲佐(ところ けんすけ)

音読みの「佐(サ)」は、名字によく使われますね。他には地名や階級、役職にも使われます。

例:佐渡金山(新潟県)・土佐国(現在の高知県)・佐倉市(千葉県)
例:少佐・中佐・大佐・補佐

「佐」を分解してみると…

「佐」は人間の動作を表す「ニンベン」と「左」の組み合わせです。

「左」の「ナ」みたいな部分は人の左手を表しており、「工」は工具の工です。この工具は祈りの道具を意味するのだそう。

人のそばで神に祈る「佐」という漢字、分解してみると奥が深いです!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA