漢字読み講座

【そのまま読めば「こうい」ですが、そんな読み方している人は「狡い」です】「狡い」、あなたは読めますか?

「狡」という漢字が使われる言葉といえば、「狡猾」しか思い浮かびません・・・。

 

そんな「狡猾」ですが、「ずる賢い」や「したたかに狙っている」というような意味がある言葉なので、「狡い」もそれがヒントになりそうです。

 

勘の良い方なら「狡猾」が「ずる賢い」という意味なら、「ずるい」では?と思ったかもしれません。

 

はい、なんと正解です!!

 

・・・答えを見る前に正解が出てしまいましたが、今回は難読漢字。

 

もう一つ、同じような意味で読み方が違うものを答えていただきましょう!

 

「狡い」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇い」の3文字です。

ヒント② 「ずるい」と同じ意味です。

ヒント③ あまり普段は使わない言葉です。

 

「狡い」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「こすい」です!

 

「狡い」は、「ずるい」と同じ意味がある言葉ですが、「ぬけぬけと出し抜く」や「ずる賢い」、「けちけちしている」というニュアンスが強調されています。

 

関東では、日常的な会話ではあまり出てきませんが、関西のお笑い芸人さんなどは突っ込みで「こすいな~」と言っているのを聞いたことがあると思います。

 

わざわざ「ずるい」と読める言葉を「こすい」なんて読むなんて、ほんと「こっすいな~」!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA