漢字読み講座

【自分は手を汚さず、子分を操って利益を得る。そんな人間がやる悪いこと!】「唆す」、あなたは読めますか?

今回の「唆す」は、ズバリ悪い意味の言葉です!

 

「教唆」とか「示唆」という言葉にも使われる漢字になりますが、「教唆」は「自分では手を染めず、相手を操って犯罪行為をやらせる」というような意味があります・・・。

 

めちゃくちゃ悪い奴ですやん・・・。

 

そんな悪~い漢字ですが、送り仮名がつくとどんな読み方をするか分かりますか??

 

「唆す」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇す」の5文字です。

ヒント② 意味は「教唆」と同じです。

ヒント③ 最初の文字は「そ」です!

 

「唆す」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そそのかす」です!

 

「唆す」とは、さきほども述べたとおり「教唆」と同じ意味を持つ悪い言葉です。

 

それもそのはず、「教唆」という言葉はなんと「刑法」に出てくる法律用語なんです。

 

その一方、「唆す」はニュアンスが少し柔らかいものとなっており、子供同士のいたずらだったり、母親が子供にお手伝いをしてもらうように「おだてる」レベルのものも含みます。

 

いずれにしても、自分でやらずに他人に何かをさせている人は、「指導」でない限り、ろくな結末にならないので注意するようにしましょうね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA