漢字読み講座

【今日の難読漢字】「矩形」「尤物」「不壊」「遡上」「蟹行」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「矩形」

「尤物」

「不壊」

「遡上」

「蟹行」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「矩形」

「矩形」という漢字の読み方をご存知でしょうか?

「形」という漢字は小学校で習うので、問題なく読めますね。

どうやら、形に関係した言葉のようです。

炬燵(こたつ)の「炬」に似ていますが「こけい」とは読みません。

 

どこかで見た覚えがあるこの漢字。一体なんと読むのでしょうか!?

「矩形」の読み方って?ヒントはこちら!

「矩形」は数学の図形の勉強で登場します。

4つの角が全て直角である四角形のことを、矩形と呼びますよ。

 

用例としては「テーブルには丸形と矩形があります」「のし餠を矩形に切りましょう」などと使われます。

「矩形」の読み方!正解は…?

正解は「くけい」です。

4つの角が全て直角なので「矩形」とは長方形のことになります。

ちなみに正方形も矩形の1つですが、一般的には長方形のみを指すようです。

 

使われることは少ないですが「さしがた」という読み方もあります。

意味は同じく長方形のことです。

「くけい」「さしがた」両方の読みを知っていた方は、かなりの漢字通…!?

2つ目の漢字は「尤物」

「尤物」という漢字は、一見とても簡単そうです。

「尤」の字はたったの4角ですし「物」は小学校中学年レベル。

しかし、読むのはなかなか難しい…

「尤」は、就職の就から部首の京を消した漢字ですね。

でも「シュウブツ」ではありませんよ。

いかがでしょう?あなたには読むことができますか?

「尤物」の読み方のヒントこちら

  1. 「尤」の字には「もっとも」「優れている」などの意味があります
  2. 「物」の読み方は、音読みの「ブツ」でOKです
  3. 読み方は「〇〇ブツ」の4文字になります

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「尤物」の読み方!正解は…!?

「尤物」の読み方は「ゆうぶつ」です!

  • 同類の中で非常に優れたもの
  • 美しい女性、美人

といった意味を持ちます。

ちなみに「尤」の字は人名用漢字に分類されているので、名前に使うことができますよ。

男の子なら、尤翔(ゆうと)尤星(ゆうしょう)など。

女の子なら、尤子(もとこ)などがあります。

また、一文字で「尤(ゆう)」と読ませれば、男女共に名前として使えます。

すばらしい尤物に育ってくれそうですね!

3つ目の漢字は「不壊」

不壊」という漢字の読み方がわかりますか?

さらっと読むと「フカイ」と読んでしまいそうですが、もちろん違います。

さて、なんと読むのでしょうか…!?

「不壊」の読み方のヒントはこちら

  1. 「不」は普通に「フ」と読みます
  2. 答えは2文字です
  3. 「金剛不壊」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

以上の3つのヒントから「不壊」の読み方を考えてください。

「不壊」の読み方!正解は…?

正解は「フエ」です!

「不」の付く言葉には、不信、不備、不快、不死などがありますが、どれも不の後の言葉を打ち消す意味ですね。

不壊という言葉も同様に「堅固(けんご)で、壊れないこと」という意味になります。

ヒントに使った「金剛不壊(コンゴウフエ)」とは、仏教用語で「金剛(ダイヤモンド)のように堅い」という意味。

「金剛不壊の信念で、厳しい修行をやり遂げた」のように使います。

不壊だけでも十分堅いのに、金剛不壊ともなると、ゴジラが踏んでも壊れそうにないですね!

4つ目の漢字は「遡上」

遡上」は何と読むか知っていますか?

「遡」は、「八朔(はっさく)」や「朔日(さくじつ)」に使う「朔(さく)」というという漢字に似ています。

そこで、つい「さくじょう」と読みそうになりますが、残念ながら不正解です。

「遡上」の読み方は?ヒントはこちら

「遡上」の意味は、急な流れに逆らって上っていくことです。

たとえば「鮭が川へ遡上していく」のように使ったり、津波が内陸へ上がっていく際の高さを「遡上高」と呼んだりします。

「遡上」の読み方の字数は「〇〇〇〇」の4文字です。

「遡上」の読み方!正解は…?

正解は「そじょう」です!

漢字を見てもなかなか読みづらいですが、読み方を聞くと、ピンときた人も多いかも知れません。

「遡」という漢字は「さかのぼる」「むかう」「さからう」などの意味を持ちます。

「遡」から始まる言葉には、過去までさかのぼるという意味の「遡及(そきゅう)」などもありますね。

「遡及(そきゅう)」は結構、耳にする言葉なのではないでしょうか?

「時間の流れに逆らって過去へさかのぼる」ことを「川の流れに逆らって上る」という意味に例えた言葉なのですね。

こうして考えると、漢字って深いなぁと思います。

これからも深面白い漢字を、どんどん紹介していきますね!

5つ目の漢字は「蟹行」

「蟹行」の読み方は、意外に難しいですね。

文字をパッと見た印象では、無数のカニがざわざわと行進している光景が目に浮かびます。

(あくまでも個人的な感想です)

さて、「蟹行」と書いて何と読むでしょうか?

もちろん「かにゆき」ではありません。

「蟹行」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方は4文字で「〇〇こう」と読みます。
  2. 同じ読み方の熟語に「蟹眼(〇〇がん)」という言葉もありますよ。
  3. 4文字熟語では「蟹行文字」という言葉もあります。

以上のヒントから考えてくださいね!

「蟹行」の読み方の正解は!?

正解は「かいこう」です。

蟹が這っていくことや、蟹のように横歩きすることを蟹行(かいこう)と呼びます。

ヒントに紹介した「蟹眼(かいがん)」は、蟹の眼に似た小さな泡がブクブクと立つ湯加減のことです。

また、「蟹行文字(かいおうもんじ)」は、欧米の横文字のことになります。

しかし現代では日本の文字も横に書くことが多くなり、半蟹行文字(?)になっていますね。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA