漢字読み講座

【いつもの法則と違う??ある特定の部首が使われていないので難しい!】「雉」、あなたは読めますか?

漢字って、おおざっぱに見ていくと法則めいたものがあって楽しいものです。

 

例えば、植物を表す漢字には「草かんむり」、魚類を表す漢字には「魚へん」、天気用語だと「雨」という字がどこかに入っていたり。

 

このように初めて見る漢字でも、ジャンルはある程度推測できるものが多いですが、今回は「雉」。

 

「矢へん」??と思ってしますが、部首は「ふるとり」という右側の方になります。

 

これでピンときたあなたは、漢字マスターです!

 

「雉」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇」の2文字です。

ヒント② 桃太郎のお供をした動物といえば?

ヒント③ 「ふるとり」というからには「鳥」の種類です。

 

「雉」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「きじ」です!

 

「雉」は、桃太郎と一緒に鬼退治をした、あの鳥ですね!

 

昔から日本で語り継がれてきた桃太郎ですが、「雉」の生態は日本の個体群のみで独立種としている説と、世界で一番大きいユーラシア大陸に分布するコウライキジの一種とする説があって学説上でも分かれているんだとか。

 

その中でも、童話として桃太郎に登場したり、多くの自治体が「市町村の鳥」に指定している背景を見ると、昔から日本にいるオリジナルの鳥と思っていた方が愛着が持てますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA