漢字読み講座

【今日の難読漢字】「玳瑁」「鼯鼠」「騾馬」。3つ目の「騾馬」は「ロバ」で合ってる??

今日の難読漢字は

「玳瑁」

「鼯鼠」

「騾馬」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「玳瑁」!

どちらも「王へん」がつくこの2つの漢字は、どちらも漢字検定1級の難読漢字の組み合わせ。

 

読むのも難しければ、読めたところでそれって何?となるこの問題ですが、別名は誰もが知るアレなんです!!

 

しかも、見ることができれば幸運が訪れるとも言われているので、「玳瑁」も読めればアナタに幸運が訪れること間違いなし!

 

さあ、ヒントを参考に幸運を掴み取りましょう!

 

「玳瑁」の読み方のヒントはコレ!

 「〇〇〇〇」の4文字です。

これは「海ガメ」の一種です。

 

「玳瑁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「タイマイ」です!

 

「玳瑁」とは、簡潔に言えば「海ガメ」のことです。皆さんが想像する「ザ・海ガメ」であり、体長は約1mほどあります。

 

昔の日本では、その甲羅が「べっ甲」の材料として使われていたこともありますが、現在では保護する対象になっています。

 

また、卵は食べることもできるそうですが、「玳瑁」自体の肉には毒があり、食べた人が中毒死した例もあるんだとか・・・。

 

そもそも、現代では幸せの象徴でもあるので食べるという概念すらありませんが、住処となるサンゴ礁の環境を守り、「玳瑁」が今後も元気な姿で泳いでいけるようにしたいものですね。

 

次の難読漢字は「鼯鼠」!

今回の「鼯鼠」は、ズバリ超難問です!

 

かろうじて2文字目の「鼠(ねずみ)」が読める程度で、それだけではさっぱり正解が分かりません。

 

強いて言えば「鼠」と同じ小動物ということは合っていますが、そんな動物はいくらだって思いつきますよね?

 

また、1文字目の「鼯」だけでも、今回の正解となる読み方をします。

 

これだけではかなり難しいと思いますので、次のヒントを見ながら考えてみましょう!

 

「鼯鼠」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇び」の4文字です。

空を飛びます。

 

「鼯鼠」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「むささび」です!

 

「鼯鼠」とは、リスのような見た目で森の中を滑空する、小型の哺乳類です。

 

宙を舞うその姿から「森の忍者」と呼ばれることもありますが、見た目は「鼠」というよりリスの方が近い気がします。

 

それもそのはず、分類上は「ネズミ目リス科リス亜科ムササビ属」というもので、もはや「鼠」なのかリスなのかさえ分からない状態ですね・・・。

 

自分の身を守るため、エサを取りやすくするなど、いろんな背景から動物は進化をしてきましたが、空を飛ぶ(正しくは滑空ですが)進化って、何だか羨ましいですね!

 

最後の難読漢字は「騾馬」!

難読漢字という割には簡単じゃん!って思いませんでした!?

 

2文字目が「馬」なので、「ば」か「ま」と読むと想像できますよね。

 

さらに、1文字目は見たことない漢字ですが、右側の部分は「るい」と読めるので、

「るいば→るば→ロバ」となるはずです!

 

・・・と思ったそこのアナタ、残念ながら不正解です!

 

えー!!絶対「ロバ」と思ったのに・・・。

さすが難読漢字、一筋縄ではいきませんね。

 

ここは素直にヒントを見て考えてみましょう!

 

「騾馬」の読み方のヒントはコレ!

「〇バ」の2文字です。

メキシコやアンデスなどの高山地帯にいる「ロバ」の仲間です。

 

「騾馬」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ラバ」です!

 

「ラバ」?「ロバ」とは違うの?と思った方も多いと思います。

 

「騾馬」とは、「馬とロバ」を掛け合わせた交雑種の動物のことです。

主に南米の高山地帯で活躍している家畜になりますが、体が丈夫で粗食にも耐え、病気などの耐性もあり、足腰が強い。まさに最強な動物ですね。

 

「騾馬」は、「パパがロバで、ママが馬」の場合で、「パパが馬で、ママがロバ」だと「ケッティ」と呼ばれ、「騾馬」ほどは大きくなく弱いんだとか。

 

やはり母は強しということでしょうかwww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA