漢字読み講座

難読漢字3連発!「与る」「五月蠅い」「若しも」あなたはいくつ読めますか?

今日の難読漢字は、

「与る」

「五月蠅い」

「若しも」

の3問です。

さっそく行きましょう!

最初の難読漢字は、「与る」!

「給与(きゅうよ)」や「与党(よとう)」など・・・

「与」という漢字は画数も3文字ですし、簡単で身近な漢字だと言えますよね。

送り仮名を付けて「与(あた)える」という使い方も特別難しくはないはず。

ですが、「与る」と書いて何と読むかは、知らない人の方が多いのではないでしょうか・・・?

「よる」?「あたる」?

残念ながらどれも違うんです。

「与る」の読み方のヒントとは・・・?

  1. 読み方は、ひらがなで「〇〇〇る」の3文字です。
  2. 大ヒント!異字同訓(違う漢字で同じ訓をもつもの)は、「預かる」です。

②は大・大・大ヒントですよ!

「与る」の読み方の答えは・・・

そうです、答えは「あずかる」です!

「あずかる」と聞くと、異字同訓の漢字「預かる」の方が、頭に浮かびますよね。

でも、正真正銘「与る」と書いても「あずかる」と読むんです。

「預かる」と「与る」、どちらも「あずかる」と読みますが、使われるシーンが違うという訳なんです。

「預かる」と「与る」の使い分け方とは・・・

「預かる」と「与る」は意味が違うので、使い方も違います。

  • 「預かる」は、「引き受けて保管する、管理する」という意味。⇒(例)荷物を預かる。
  • 「与る」は、「関係する・受ける」という意味。⇒(例)お招きに与る。国政に与る。

同じ「あずかる」でも感じが違えば意味や使われ方も違うんですね!

次の難読漢字は、「五月蠅い」!

よく使う言葉・よく耳にする言葉なのに、いざ漢字を目にすると読めない・・・

そんな感じの1つが「五月蠅い」です。

漢字が3文字も並んでいて何だか難しそうですが・・・

「五月蠅い」の読み方のヒントは・・・?

読み方のヒントはズバリ、漢字にあります!

気温も上がる5月に飛び回る蠅(ハエ)・・・

「うっとうしい」は間違いですが、意味としては似ていますよ。

「五月蠅い」の読み方の答えは・・・

正解は、「うるさい」でした!

「五月蠅い」の意味は、次の通りです。

  • 物音が大きすぎてやかましい、耳障りな様子
  • 細かく口やかましい、注文や批判が多く煩わしい
  • どこまでもしつこく付きまとってきて邪魔

物音だけでなく、付きまとわれたり細かく言われたりするのも確かに「五月蠅い」ですよね!

なぜ「五月の蠅」なのか・・・!?

蠅が顔の周りをブンブン飛び回る様子は確かに「五月蠅い」ですが、なぜ「五月の蠅」なんでしょうか?

5月と言うと爽やかな季節で、蠅が盛んに飛び回るイメージはないですよね・・・

その答えは、「旧暦」にあります。

旧暦の5月(現在の6月頃)は、ちょうど梅雨で湿気も多くじめじめする時期。

気温も高くなり、蠅が多く出現する時期だと言う訳なんです。

最後の難読漢字は、「若しも」!

「若しも」なんて、絶対読めない!今まで一度も使ったことのない言葉のはず!

・・・って思う人も多いはずのこの漢字。

でも、実は違うんです!

「若しも」は、皆さん日常的に使っている言葉なんですよ。

「若しも」の読み方の答えは・・・?

「若しも」の意味がヒントです!

  • まだ現実に起こっていないことを想像する、想定する様子。
  • 確実ではないものの、十分起こり得る事柄。

さらにヒント。

  • 類義語は、「もしや」「ひょっとすると」「あるいは」。
  • 読み方は、ひらがなで書くと「〇しも」の1文字。

さあ、分かりましたか?

「若しも」の読み方の答えは・・・

正解は、「もしも」でした!

普段からよく使う言葉ですよね。

ちなみに、「もしも」という言葉は、「もし」を強めた言い方なんですよ。

「もし」と「もしも」を使い分ける人は少ないのではないでしょうか?

「若しも」の読み方と合わせて覚えておきましょう。

ちなみに「若しくは」の読み方は・・・

同じく「若」の漢字を使う言葉に「若しくは」があります。

読み方は・・・もうお分かりですよね?

もしくは」です!

この言葉も日常的に使うので、漢字も覚えておきましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA