漢字読み講座

【これはサービス問題!漢字「素人」じゃないあなたなら分かるはず!】「玄人」、あなたは読めますか?

これは読める人もきっと多いサービス問題です。

 

「玄人」と書くと、そのまま「げんじん」なんて読みたくなってしまいますが、これはもちろん違います。

 

まだ分からない人はヒントを見ながら一緒に考えてみましょう!

あなたも漢字の「玄人」になれるでしょうか!?

 

「玄人」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「素人」の対義語です。

ヒント② カタカナでいえば「プロ」です。

ヒント③ 「〇〇〇と」と読みます。

 

「玄人」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「くろうと」です!

 

「玄人」といえば、「プロ」や「エキスパート」などの意味で使われていますね。

用例としては、「玄人好みのゴルフクラブ」や「玄人向きの包丁」などといった具合ですが、どちらかと言えば「職人系」の言葉として使われます。

それは、「玄」という字が「黒色」や「奥深い」という意味をもっており、そこに「人」がついて「その道を深く追求した熟練者」というニュアンスとなるためです。

 

ちなみに「素人」は「しろうと」と読み、この「素人」と対をなす言葉でもあります。

もう「玄人」を読めるあなたは、今日から「漢字玄人」ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA