漢字読み講座

「陽炎」って何て読む?「ようえん」も正解ですが、もっとかっこいい読み方があります!

「陽炎」

なかなか日常生活では見かけない漢字ですが、読み方を知っていますか?
「ようえん」でも間違っていませんが、もっとかっこいい読み方があるんです!

「陽炎」読み方のヒントは?

陽炎は、「陽ざしが強い日の道路に、ゆらゆらと揺れて見える現象」のことを指します。

また陽炎は俳句の「春の季語」でもあります。

最後にとっておきのヒントをひとつ。
「か」から始まる、ひらがな4文字の言葉です。

そろそろわかりましたか?

「陽炎」の読み方、正解は…

正解は……

 

「かげろう」

です!

「蒸し暑い日に、道路に陽炎がゆらゆらと立ち上るのをぼんやりと眺めた。」
などのように使います。

かげろうという言葉は「陽炎」の他にも、「遊糸」「蜉蝣」「蜻蛉」の漢字で表記することがあります。

それぞれの意味は、こちら。

  • 遊糸 … 蜘蛛が糸をなびかせて飛んでいく現象。
  • 蜉蝣・蜻蛉 … カゲロウ目の昆虫の総称、トンボの古名。

日常で「かげろう」を使う場合は、ほとんどが「陽炎」という漢字の意味で使用されますが、他の意味も覚えておくと、役に立つことがあるかもしれませんよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA