漢字読み講座

「蛙声」は何と読むでしょう?「かえるごえ」と読んではいけませんよ

「蛙声」は何と読むかご存知でしょうか?

「蛙」は「かえる」や「かわず」と読めるので「かえるごえ」か「かわずごえ」?

ではありませんよ…

さて、何と読むのでしょうか?

「蛙声」の読み方のヒントはこちら

  • 意味は読んだそのまま、かえるの鳴き声のことです
  • 読み方の字数は、3文字で「〇せい」になります
  • 「蛙声」の「蛙」は「蛙水」「玄蛙」と、同じ読み方です

以上3つのヒントから考えてください。

「蛙声」の読み方がわかりましたか…?

「蛙声」の読み方!正解は!?

正解は「あせい」です!

この言葉を聞いたことのない方には、ちょっと想像がつかなかったかもしれません

蛙声には「かえるの声」以外に「みだらな音楽」という意味もあるようです。

ちなみに、ヒントに出した「蛙水(あすい)」と「玄蛙(げんあ)」は、いずれも江戸時代後期の俳人の名前です。

かえるの句といえば、松尾芭蕉の「古池やかわず飛びこむ水の音」が有名ですね。

静まり返った空気の中で、かえるが池に飛び込んだ音だけが聞こえてきた…

この句の情景を思うと、心まで静まり返る気持ちがします。

蛙声から話が脱線してしまいましたが、漢字から思いをはせるのも、時には楽しいです。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA